引っ越し時の挨拶はどうすればいい?

引っ越しの際は礼儀として近所の方々に挨拶をしておくのが常識です。

ですが、この近所へのあいさつは、
どのようなタイミングで、
どの程度の家にまであいさつをすればいいでしょうか。

引っ越しのケース別に確認しておきましょう。

一軒家に引っ越す場合

新たに一軒家に引っ越す場合、最低限あいさつしておきたいのは、

  • 両隣の家
  • 道路を挟んだ向かい3軒

とされています。

あいさつに出向くタイミングは引っ越し前、あるいは引っ越し当日がベストでしょう。
引っ越し前にさきにあいさつを済ませておく場合は、
「○月○日に引っ越し作業でうるさくしますがすみません」
とひとこと添えておくと後々好印象をもたれると思いますよ。

また町内会など定期的な集まりがある場合は、
あらかじめご近所の方に連絡網などをコピーしてもらっておき、
町内会長のお宅にもあいさつをしておくと万全です。

マンション・アパートに引っ越す場合

マンションやアパートなど集合住宅に引っ越しをする場合、
最低限あいさつをしておきたいのは、

  • 両隣の部屋
  • 上下の部屋

のご家庭とされています。

また、そのほか大家さんや管理人さんがいる場合は
こちらにもあいさつをしておくのは当然のこと。

契約などの関係で事前にあいさつを済ませていても、
引っ越し後に改めて伺っておいたほうが良いでしょう。

そのほか、もし引っ越す集合住宅の世帯数が4〜6室など少ない場合は、
同一棟のご家庭すべてにあいさつを行なっておくといいかもしれません。

とはいえ、最近では都会の場合、
マンションの引っ越しではあまりきちんとしたあいさつもしないことが多いそうです。

特に女性の一人暮らしなどの場合は、
プライベートではかなり用心しなくてはいけないもの。

男性の親しい友人などがいる場合は、
引っ越しのあいさつ時だけ同伴してもらうようにするのもありかもしれません。

引っ越し前にしておきたいあいさつ

ちなみに例外として、ご近所さんではなくなるとはいえ、
引っ越し前のご近所の方々にもあいさつをしておくべき。

このあいさつはできれば引っ越しの1週間〜3日前に行なっておき、
引っ越し当日の騒音についても謝罪しておきましょう。

また近隣で特別親しくしていた方には、上記の例よりも先に、
引っ越しが決まった段階であいさつとお礼をしておくといいかもしれません。

不在だったときのための挨拶状も用意しておこう

ちなみに旧居、新居を問わず、あいさつに行った際に、
住民の方がいらっしゃるとは限りません。

そこで、もしも不在だったときのために、
あいさつに伺う件数分だけ挨拶状を事前に準備しておくのも大切です。

下記ではその例文を掲載しておきましょう。


旧居での引っ越しあいさつ例文

拝啓 ○○様

春暖の候、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。
このたび私どもは下記へと転居することとなりましたのでお知らせいたします。
最寄り駅は○○線○○駅、徒歩で○分程度となっています。
近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。

自分の名前

新住所

連絡先

敬具

引っ越し予定日


新居での引っ越しあいさつ例文

拝啓 

春暖の候、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。
このたびこちらへと転居してまいりました。
日頃、ご迷惑をおかけすることになるかもしれませんが、
何卒よろしくお願いいたします。

自分の名前

新住所

敬具

引っ越し日

基本的にあいさつ文はシンプルにしておくのがベスト。

また新居の近所へのあいさつは、
どのような人が住んでいるかも分かりませんので、
名前は苗字のみにしておく、連絡先は直接会ったときに教える、
などの対策は取っておく必要があるかもしれませんね。

ページの先頭へ戻る