契約書はしっかりチェックしよう

業者に引っ越しを依頼するときに、何より怖いのが業者とのトラブルです。

引っ越し当日に見積もりで出た金額以上を請求されたり、
荷物の扱いがずさんな非正規の業者だったりすると、
引っ越しというせっかくの新しい旅出もあまり良くない思い出に…。

こういったトラブルを未然に防ぐためにも、
引っ越し業者に依頼した場合は契約書をしっかりチェック。

問題のない引っ越しのための契約書チェックを徹底しましょう。

契約書でチェックしたい項目

きちんと仕事をこなしてくれる引っ越し業者であれば、
きっちりとした契約書を渡してくれるはず。

もし契約書の中身を見た段階で「あやしい」と思ったら、
それは非正規の業者の可能性があり、
正規の業者だったとしてもきちんと仕事をしてくれない心配もあります。

そこで契約書のどんな部分をチェックすべきなのか、ポイントを紹介しましょう。

国土交通省の認可を受けた業者か?

全ての引越し業者は、引っ越し作業を行なうために、
国土交通省などからの認可を受けなくてはいけない決まりになっています。

このとき、認可を受けた番号などは見積書や契約書に、
必ず記載をしなければいけない決まりもあるのです。

そのため、まず契約書を渡された際、
この認可番号や業者番号などがきちんと書かれているかは要チェック。

これがないともしかしたら認可を受けていない非正規業者の可能性もありますよ。

見積もり内容は細かく書かれているか

契約書には、どういう作業が行なわれるかという見積もりも含まれています。

このとき見積書に、きちんと

  • 基本料金はいくら
  • どれぐらいの資材を使うか
  • どういうプランか
  • オプションやサービスは何をつかうか

などが細かく書かれているか確認しましょう。
これがあれば、実際の引っ越し作業で頼んでもいないオプションなどが利用されても、
「見積もりになく、契約していないものにお金は払えない」
とつっぱねることができます。

しかし、見積もり書や契約書に
「引っ越し作業一式」
などとだけしか書かれていない場合、後から
「見積もりにない人件費やオプションがかかった」
などとして追加料金を請求されても証拠がなく、問題がややこしくなるばかり。

正規の業者の場合はそういうことがないはずですので、
きっちり確認しておきましょう。

トラックのナンバーなどもチェックしよう

契約書の確認からは少しずれますが、
運送トラックのナンバーを見ることで正規業者かどうかを確認する方法もあります。

引っ越し業者が使うトラックは、
作業用のトラックのため、ナンバープレートが黒か緑になっているはず。
これは荷物を運ぶためのトラックとして許可を受けていることを示す証拠です。

しかし、もしこれが白のナンバープレートだった場合は、
非認可の業者である可能性大。

こうなると荷物保険などに業者が加入しておらず、
万が一の事故があっても保障されないなど最悪のケースに至ることも。

ちなみに正規の引っ越し業者でも
車の数が足りず白ナンバーのトラックを使うこともありますが、
この場合は必ずその報告があるはずなので安心してください。

ページの先頭へ戻る