引っ越しの予約に手付け金は必要なの?

引っ越し関連のトラブルでたまに耳にするのが
「引っ越し契約の手付け金を請求された」
という話。

特に繁忙期の引っ越しを依頼するときなどに多いようで、
「手付け金を払ってもらえば引っ越しの枠を押さえられる」
などと言って金銭を要求されたという被害をよく聞きますね。

しかし、こうした手付け金の要求は、引っ越し業界では違反となっており、
こうしたことをしてくる業者はまともではない可能性が大。

もし手付け金を要求された場合は速やかに支払いを拒否し、
その時点で別の引っ越し業者を探して依頼をしたほうがいいでしょう。

ちなみに、この手付け金の要求で、もっと悪質なのが、
引っ越し見積もりの下見の段階で
「見積もりサービスでダンボールを置いておきますね」
などと言われ、その後に契約をしなければ
「資材代」としてお金を要求されるというケース。

これはもはや詐欺に近いレベルの悪質な業者です。

もしこういった被害に遭った場合は、支払いは拒否するのはもちろん、
その後の連絡にも一切応じなくてOK。

もししつこい場合は、
消費者センターに詳しい状況などを説明して対処してもらうようにし、
業者側にも「消費者センターに被害報告を出した」
と警告しておくと良いでしょう。

これでおそらく大半の業者はひっこんでしまうはずですよ。

本当に手付け金が必要な引っ越しもある

ただし、中には本当に手付け金が必要なケースの引っ越しもありますので、
全ての引越しで手付け金請求が違法ということではありません。

たとえば、

  • 引っ越しよりも先に荷物の梱包だけお願いする場合
  • 一部の荷物のみ引っ越し日よりも先に運んでもらう場合
  • 特殊な専用ケースなどを事前に借りて梱包する場合

などです。

こうしたケースでは引っ越しの基本料金よりも先に
支払いを済ませる必要が出てくることもあります。

とはいえ、「手付け金や引っ越し料金の前払いはなし」というのは変わりません。

なので、もし先にこういった手付け金を要求されたら、
なぜ前払いをしなくてはいけないのか、を素直に聞いた上で、
説明や明確な内訳請求を出してもらうようにお願いしましょう。

もし、これを聞いて納得のいく説明が得られた場合は素直に支払ってもかまいません。

ただし、それでも手付け金などを前払いで行なう、
というのは基本的にあまりオススメできるものではありません。

どうしても怪しいと感じたら、
前払いではなく、引っ越し料金と含めて全て当日に一緒に支払いたい
という話を業者にしてみましょう。

しっかりとした業者であれば、この時点で本社などに確認を取り、
よほどのことがなければこれに応じてくれるはず。

いずれにせよ、こうした手付け金の要求などに
気軽に応じないように注意したほうがいいでしょう。

ページの先頭へ戻る