謝礼は基本的に拒否される?

自力引っ越しなどをするとなった場合、
手伝ってもらった友人らに謝礼を渡したりするのはごくごく普通のことですよね。

では、引っ越し業者に仕事を依頼したときはどうでしょうか?

引っ越し作業は基本的に一日かかりっきりで、しかもかなりの重労働ですから、
中にはほんの心づけ、つまりチップを渡そうか、と考える人もいることでしょう。

しかし、こうした客からの謝礼は、
大手引っ越し業者の場合、基本的に「断るように」という教育がされています。

特に現金などで渡そうとした場合は
かなりの高確率で受け取りを拒否されるのが普通となっていますね。

なぜなら日本ではチップ文化な根付いておらず、
仕事をした分はきちんと代金でもらう、というのが普通の考えだからです。

受け取ってもらえないなら謝礼は渡さなくてもいい?

では謝礼は受け取ってもらえないのが普通だ、というのであれば、
別に渡す必要はないのでしょうか?

もちろん引っ越し作業員に謝礼を渡す必要は一切ありません。
その義務もありません。

ですが、汗をかきつつ精一杯働いてくれる姿を見て、
少しでもねぎらってあげようと思うのも人の性というもの。

すこしでもそういう気持ちがあるのならば、
現金などではなく別の形でねぎらいの気持ちを表してはどうでしょうか。

また基本的に受け取りを拒否するように教育されているとはいえ、
やはり客からの感謝の気持ちは作業員にとっても嬉しいもの。

渡そう、という気持ちが見られただけでも、
作業員たちの仕事に対するやる気や集中力も上がるはずです。

お金と気持ちに余裕があればチップは用意しておくのがベストですね。

チップはクオカードや図書券で

さて、それではこうしたチップを渡したいならどうすればよいのでしょうか。

まず基本的に現金で渡すのはほぼ確実にアウト。
現金は賄賂のような形に見えてしまい、すこし露骨な感じもしますね。

また、お客さんの中には食事などを用意する人もいるようですが、
これもあまりスマートではありません。

引っ越し作業中の昼食や飲み物は作業員たちが自分で用意しておくのが普通で、
中には弁当などを持参している作業員もいることでしょう。

その上に客から食事を用意してもらっても、
「食べないと悪いけど、これ以上食べられない」
というむしろ若干バツの悪いジレンマに陥ってしまうはず。

作業中の缶コーヒーやドリンクの差し入れ程度ならば問題ないかもしれませんが、
がっつり食事を用意するのはなしでしょう。

そこでチップとして渡す場合にオススメしたいのが、
クオカードや図書券など、つまり現金ではないものを渡すことです。

これならば、いわゆる「感謝の品」として渡すため
いやらしくもならず、渡す際もスマートに済みます。

引っ越しでチップを準備する場合、
事前に大体の作業員の数だけこのクオカードを用意しておき、
最初の作業開始確認の際、
作業員が全員集まっている場所で責任者に対して渡しましょう。

ちなみに額面は500〜1,000円ぐらいが重たくもなく、またあまり安すぎずベスト。

作業のはじめにそういう態度を見せておくことで、
作業員の荷物の扱い方も変わってくるでしょうし、
気持ちよく引っ越しをしてくれるはずですよ。

ページの先頭へ戻る