雨が降ったときの引っ越しは危険

通常、引っ越し業者に作業を依頼した場合、
それこそ自然災害級の悪天候でない限りは引っ越し作業は予定通り行なわれます。

しかし、だからといって自力引っ越しでも同じように、
予定をしていた雨の日に引っ越し作業をしなければいけないかというと、
そうではありませんよね?

雨の日の引っ越しは引っ越し業者のプロですら、
荷物の破損などを起こしやすい環境なのです。

また業者であればこうした悪天候に対応するため、
撥水カバーなどの準備も周到にしてあるものですが、
自力引っ越しではそこまで予想して準備していることはありません。

荷物の水濡れや地面の滑りやすさは、荷物の破損や事故に直結し、
最悪の場合、手伝ってくれる友人たちに怪我をさせてしまうかもしれません。

そのため、もし自力引っ越しの予定日に雨が降ってしまった場合は、
関係者に連絡をして中止するのが無難です。

不測の事態に備えて引っ越し予定日の候補を決めておこう

何が何でも予定通りに引っ越しをする業者の仕事とは異なり、
自力引っ越しの場合は、状況によって中止したりすることもできます。

そこで、雨などの悪天候のように作業を中止、または延期せざるを得ない場合のために、
引っ越し作業の候補日は事前に何日か予定しておくと良いでしょう。

そしてこれは手伝いに来てくれる人にも伝えておくとさらに良いですね。

そうすることで、例えば予定日の初日に終わるはずだった引っ越し作業が、
思いのほかはかどらなかった場合でも、残りの作業は次の予定日に回して、
初日は解散、など臨機応変に対応することができます。

もちろん、雨で作業が延期になった場合も同様です。

ただし、作業が複数日にまたがって行なわれるとした場合、
その分駐車場代や手伝ってくれた人への謝礼や振る舞いなどを
余分に追加しなければいけないことも考えておきましょう。

自力引っ越しでのベストは、
もちろん第1候補の予定日に1日で作業を終わらせること、ですが、
それ以上に何事もなく、無事故で作業を終わらせることが一番。

これらのことに不安を覚えるのであれば、
自力引っ越しよりも業者に頼んだほうがいいかもしれません。

ページの先頭へ戻る