自力引っ越しでの荷物の運搬に注意しよう

自力引っ越しで一番苦労することといえば、荷物の運搬です。

引っ越し業者の作業員たちはプロですから、
少人数でも重い家電や家具をひょいひょい運んでいるように見えますが、
実際にやってみるとコツも力もかなり必要なもの。

男手が足りない場合などは、
まずその時点で自力引っ越しを諦めたほうがいいぐらいかもしれません。

そして、もうひとつ荷物の搬出入のときに注意したいのが、
運び出す荷物の養生ですね。

養生とは、大きな荷物や家の壁などに、
荷物がぶつかって破損しないように布を当てておく作業のこと。

引っ越しのプロである業者の作業員ですら、
荷物を運ぶ際に一切どこにもぶつけずに運ぶことは不可能といっていいほど。
それに対してろくに引っ越しをやったこともない素人が、
養生もせずに荷物を運ぶとどうなるかは想像に難くありませんよね。

そのため、自力引っ越しが決まったら、
ある程度汚れたり破けたりしても良いような古い毛布、
もしくはそれに近い柔らかい布とテープや紐を用意しておき、
壁にしっかりと養生を施しておくことが重要です。

もし足りないようなら友人などに協力を仰ぐぐらいでもいいでしょう。

養生のやり方は?

自分で用意した毛布などがあるのならば、
家の壁などに貼り付けるよりも養生が必要な家具などに
直接巻きつけて固定する養生が一番簡単です。

ただしこの場合は、毛布の数なども考えると、
搬出入を繰り返すたびに何度か毛布を取り外したりしなくてはいけません。

この手間が面倒だというのであれば、
インターネットで養生用の資材を購入するというのもひとつの手です。

それこそ引っ越し業者の使うような資材を用意することができれば、
家の壁や床に貼り付け固定すれば、
よほど強い衝撃がない限りは傷や破損を防ぐことができるでしょう。

自力引っ越しに保険はないので慎重に

養生が大事だというには他にも理由があります。
自力引っ越しでは、業者に頼むのとは違い、保険がありません。

そのため、万が一、賃貸物件の家や家具などの破損があった場合、
全て修繕に実費がかかってしまいます。

こうした損害があっては、安く済ませるために自力引っ越しをしたのに、
本末転倒になってしまいますよね。

余計な出費をかけないためにも、
自力引っ越しの際の荷物の運び出しは、
普段以上に慎重に丁寧に行なうようにしたいものです。

ページの先頭へ戻る