自力引っ越しでは全てが自己責任

引っ越し業者に作業を依頼した場合、荷物や家の破損はもとより、
荷物の紛失などについても保険で保証されます。

もちろん、「最初からなかった」などといわれることもありますが、
証拠があれば当然保証対象になりますし、
そのために荷物の点検なども随時行なってくれるはずです。

一方自力引っ越しでは、破損はもちろんのこと、
紛失に関しても当然ながら保障などはありません。

仮に荷物が何かしら無くなってしまったとしても、
あくまで自己責任なのです。

貴重品の置き場所には特に注意をしよう

自力引っ越しの際はその規模に関わらず、
ほとんどの場合、家族や友人に作業を手伝ってもらうことになるとは思います。

しかし、ここで何かしらの荷物が紛失してしまった場合はどうなるでしょう。
もちろんそれがたいしたものでなければ、
「どこかで落としたとか旧居に忘れてしまったのだ」
と気楽に考えられるかもしれませんが、
問題は紛失したものが貴重品だった場合などですね。

想像もしたくないことですが、
「もしかしたら友人が盗んだのかもしれない…」
と疑心暗鬼にかられてしまうかもしれません。
そして、疑われた友人たちも当然いい気分ではないでしょう。

実際に紛失した理由や事実はどうあれ、厄介になる事だけは確実ですね。

そうならないためにも、
自力引っ越しの際、絶対に紛失できないものや貴重品などは、
必ず自分で管理し、場所を把握しておくようにしてください。

「絶対にそんなことにはならない」
なんて保証はどこにもありません。

むしろ、そういう厄介な状況に陥らないようにするための最低限すべきこと、
と考えるようにしましょう。

貴重品でなくとも荷物の搬出入には細心の注意を

さて、上記のように変ないざこざに巻き込まれないために、
貴重品を必ず自分で管理しておく、というのは、最低限必要なことですが、
油断してはならないのは自力引っ越しでの荷物の搬出入時です。

自力引っ越しでは友人などを集めた作業員の数もそうそう多くはならないはず。
そのため、トラックに荷物を積んで、見張りも置かずに全員で家に戻ったり、
なんてことをついついしてしまいがちです。

いかに日本が平和とはいえ、
これでは何らかの荷物が紛失してしまってもしょうがないこと。

もしかしたら心ない第三者が引っ越し用の荷物を
持ち去ってしまうことだってないとは言い切れません。

貴重品はもちろんなのですが、
自力引っ越しの場合は全ての作業をしっかりと管理、計画し、
万が一の事故も起こらないような管理をする必要があるのですよ。

ページの先頭へ戻る