自力なら引っ越しはタダ!?

引っ越しをするに当たってよく比較されるのが、
「業者に頼む引っ越し」と「自力引っ越し」の費用差です。

業者に頼む引っ越しにお金がかかるのは当然のこととして、一方では
「自力引っ越しならお金がかからない。タダだ」
と言われることがあります。

しかし、本当に自力引っ越しはタダでしょうか?
その答えはもちろん「NO」です。

自力引っ越しといっても、荷物を運ぶのに人手は要りますし、車だって使います。
歩いて荷物を持ち運べる程度の引っ越しならば、
本当の意味でタダですが、そんなことはないでしょう。

自力引っ越しをすると言っても、実際には

  • 梱包資材代
  • 車のガソリン代
  • 車の駐車場代
  • 手伝いをしてくれる人への謝礼、昼食代

がかかっているのです。

そして、さらに言えば、自力引っ越しでは引っ越しにかかる時間が、
業者に頼んだときの倍から数倍ほどになると考えておくべき。

となればお金こそかかりませんが自分の時給がその分失われている、
とも考えるべき。

一般的にはこれら諸々のことを考慮すると、
単身者が同一市内で引っ越すには、
自力引っ越しで約20,000〜30,000円、
業者に頼むと、約35,000〜50,000円、
ほどのお金がかかるといわれています。

ただし、上記はあくまで目安の料金です。

一括見積もりサービスを使って安い引っ越し業者を厳選し、
さらに値引き交渉をすればさらに安くなる可能性もあり。

それでも自力引っ越しをするかどうかは個人の判断になりますね。

車がない場合は業者に頼んだほうが安い!?

さて、上記では自力引っ越しと引っ越し業者に頼んだ場合の料金比較をしましたが、
実はこれはあくまで「自分の車を持っていた場合」の話。

自分の車、あるいは家族や知人の車を利用できない、
という場合にはレンタカーを借りるしかありません。

となると上記の費用にレンタカー代がプラスされることになるのですが、
レンタカー代として仮に軽トラックを借りた場合、
24時間で約7,500〜10,000円がプラスされることになります。

となるとどうでしょうか。

見比べてみると単純に業者に引っ越しを頼んだほうが安くなってしまいます。

ましてやただでさえ安い単身パックを利用したり、
閑散期に値引き交渉ができた場合になれば圧倒的。

下手に自力引っ越しのほうが安いという先入観から、レンタカーを借りてまで作業すると、
お金も時間も労力もかかる上に保険すらききません。

自力引っ越しはあくまで車を持っており、
時間と労力の余裕があるときの選択肢に留めておき、
それよりは一括見積もりサービスなどで、
安い引っ越し業者を探してしまったほうがいいかもしれませんよ。

ページの先頭へ戻る