布団や毛布はどうやって運べばいい?

布団や毛布などは、基本的に布団袋を用意し、これに入れて運ぶというのが一般的です。

その他、布団圧縮袋などがある場合はこれを利用して運ぶこともありますが、
引っ越しなどの運搬時はこうした袋に傷がつきやすいため、
運搬中の衝撃で袋に穴が開いて、引っ越し先でトラックを開けたら布団が膨らんでいた、
なんてこともあるようです。

圧縮袋を使った引っ越しは確かに場所も取らず運びやすくて便利ですが、
運搬などということになると、上記のような破損につながる危険性があることだけ
頭に入れておきましょう。

なお、布団袋も圧縮袋もない、という場合は、
引っ越し業者に相談してみればOK。

布団袋に関してはダンボール同様、
ほとんどの業者が無料サービスで資材を提供してくれますので、
気軽に依頼してみましょう。

たまに布団袋などがないため、ヒモで縛ったりしただけで運ぼうとする人もいるようですが、
引っ越しの運搬中は土などの汚れがつくことも多く、また水濡れの可能性もありますので、
必ず布団袋に入れて運んだほうがいいですよ。

布団の中に割れ物を入れて運んではいけない

自力引っ越しの場合などもそうなのですが、
引っ越しの際、ビンや食器などの割れ物をダンボールに梱包せず、
布団にくるんで運ぼうとする人がいるようです。

これはクッションにもなり、布団の運搬もできるため、とても良いアイデアに思えますね。
しかし、できることなら布団の中に割れ物を入れて運ぶのはやめておきましょう。

なぜなら引っ越し業者が布団の中に割れ物が入っていると気づかずに、
手荒に扱ってしまう可能性があるからです。

基本的に布団などは破損したりするものではありませんから、
どこかへ置くにしてもやはり若干ぞんざいに扱われてしまうものです。

いくら布団のクッション性が高いといっても、
このような扱い方では中の割れ物が無事かというとそうではありませんね。

また、もし布団にくるんだ割れ物が中で破損してしまった場合、
中の荷物が使い物にならなくなるばかりか、
割れた破片が布団に傷をつけ、布団まで使えなくなってしまいます。

またこれが中身入りのビンだったりした場合は、
さらなる悲劇を呼ぶことになってしまいますね。

もちろん荷解きのときも危険です。

布団の中に割れた破片が散らばっていると気づかず手を入れたりして、
怪我の元になる可能性もありますよね。

上記のように様々な理由が考えられるため、
布団に割れ物をくるんで引っ越しするのはやめておきましょう。

ページの先頭へ戻る