搬入の指示は非常に面倒くさい

引っ越しの際に困るのが、
「この荷物、どこに運べばいいですかー?」
という引っ越し作業員からの質問攻めです。

旧居から新居へ荷物を搬入する際、
いちいちそれを説明していたのでは、分かりづらいですし、非効率的。

説明する自分たちも疲れてしまいますし、
作業員たちも困惑してしまいますよね。

そこで、この悩みを解決する簡単なコツを紹介しましょう。

荷物にはマジックで大きく印を

まずひとつ目として運び込む荷物やダンボールには、
遠めから見ても目立つようにマジックで印をつけておくことです。

こうしておけばトラックの中でも同じ部屋の荷物が丸分かりになるため、
いちいち取り出しては
「これはあっちの部屋、これはこっち…」
と作業が分散しなくても済むはずです。

なお、印は側面のうち2面プラス上面に書いておけば、
どんな向きで荷物が置かれていても分かりやすいですね。

印は自分の名前ではなく部屋番号やアルファベットに

よく自分の荷物に「○○の荷物」と自分の名前を書いたりする人がいますが、
これは確かに家族や同居人には分かっても、
引っ越し業者や手伝ってくれる友人には分かりにくいもの。

そのため、荷物には部屋の位置かアルファベットを書いておくべき。

部屋の位置で書く場合は、
「2階右」「1階リビング」など。

そしてもっとも分かりやすいのが
事前に新居の見取り図を作って部屋にアルファベットを振りわけ、
コピーしたものを作業員たちに渡しておくことです。

運び込む荷物には大きくその部屋番号に対応するアルファベットを振っておくと、
分かりやすく、搬入の間違いも少なくなるでしょう。

部屋別に色分けしておくとさらに分かりやすい

さらに作業を効率的に分かりやすくするなら、
ダンボールにつける印を部屋ごとに色分けしてしまうことです。

文字だけではなく色まで違えば、
さすがに誰でも気づくでしょうし、間違いはさらに減るはずです。

搬入を容易にするまとめ

では上記で説明した流れをまとめてみましょう。

まず新居が決まったら見取り図を用意して、
部屋にそれぞれアルファベットで番号を振り、それをコピーして、

  • 作業員用に3部
  • 自分たち用に1部

用意します。

その上で部屋の数だけ色違いのマジックを用意して、
それぞれの部屋に運ぶ荷物の側面と上面に大きくアルファベットで印をつけましょう。

このときダンボールの枠をマジックで縁取りしたり、
面に大きく斜線を引いてみたりするのもいいかもしれません。

準備ができたら引っ越し当日、旧居から出発する際に、
作業員らに新居の見取り図と簡単な説明をすれば完璧。

一人暮らしの引っ越しならばともかく、世帯引っ越しでは必ずやっておきたいですね。

ページの先頭へ戻る