本や雑誌の梱包には注意しよう

荷物の梱包を苦手という人はたくさんいますが、本や雑誌をダンボールに詰めるのが苦手、
という人はなかなかいないでしょう。

それもそのはず、本や雑誌は形が一定で、
誰でもダンボールにキレイに収めることができるから。

でも実は本や雑誌の梱包はかなり注意しないとだめなのです。

なぜなら、本などはダンボール一杯に積むと、量に対しての重さが半端なものではなく、
片手で持てそうな大きさのダンボールですらかなりの重量になってしまうからです。

衣類を入れる大きなダンボールなどに本などをめいっぱい入れてしまうと、
それこそ持ち上げるだけでも一苦労。

そのうえ、必死で持ち上げたらほぼ確実に底が抜けてしまいます。
梱包するのは簡単なのですが、本類などの梱包にはコツがいるんですね。

本などを梱包するときの注意

本や雑誌類はその容量に対して重たい荷物になりますので、
これらは小さめのダンボールに梱包するのが常識です。

目安としては一般的な雑誌を縦にしていれて、
ちょうど収まるぐらいのサイズがいいでしょう。

それでも隙間なく埋めるとそれなりの重量になるので覚悟しておいてください。

また、中身が重い荷物になると、
運ぶ際などになんらかの拍子でダンボールの底が抜けてしまうことがあります。

そのため他の荷物よりも厳重にテープ留めをしておくようにしましょう。

通常、ダンボールを閉じるときは、
ダンボールのベロにあわせて縦にガムテープを貼るだけでしょうが、
底抜けを防ぐ為には縦に閉じたガムテープと垂直になるよう、
横にもガムテープを貼っておきましょう。

こうすることでダンボールはより強靭になりますので、
底が抜けてしまう心配は少なくなります。

本や雑誌類を運ぶときの注意

何度も説明していますが、本や雑誌を入れたダンボールは、
小さく見えてもかなりの重量があります。

そのため、
「小さいダンボールだから軽いな」
なんて油断をして持ち上げると、思わず腰を痛めてしまったり…
なんて怪我につながる可能性もあるのです。

こうやって聞けば笑える話ではありますが、忙しい引っ越し作業中に体をいためると、
それだけで他の作業が過酷になってしまいます。

そのため、本や雑誌類を入れたダンボールには
「重」という印や「本・雑誌」などと注釈を入れておき、
女性や子供が持ち上げたりしないようにしておくといいかもしれません。

ページの先頭へ戻る