刃物の梱包は他よりも慎重に

キッチン周りの荷物の梱包で、
食器以上に注意しておきたいのが、包丁など刃物の梱包です。

刃物の梱包は一歩間違えば大怪我になる可能性もありますので、
絶対に雑な梱包をしてはいけません。

やりすぎでもいいぐらいに丁寧に梱包するようにしましょう。

刃物の正しい梱包の仕方

普通、荷物を梱包する際は、
新聞やタオルなどで荷物をくるんでダンボールにしまう程度でOKなのですが、
刃物もこれと同じように梱包すればいいかというと、そうではありません。

刃物を新聞などでくるむだけにしてしまうと、
荷物を運んだりする際に刃が包んだ緩衝材を突き抜けて出てくる可能性があるからです。

そのため、刃物を梱包する際は、
ケース代わりにダンボールを適当な大きさに切ったものを2枚用意し、
それで刃の部分を挟み、
その上からガムテープなどを巻いて固定するのが正しい梱包の仕方です。

ちなみに、もうひとつの梱包の仕方として、
刃の部分に直接テープを貼ってしまうという方法もあるのですが、
これはのちのちテープをはがしたあとに
研ぎなおしなどをしなくてはいけなくなりますので、
手間も考えるとあまりオススメできませんね。

荷解き中は刃物に注意

引っ越し作業中、荷物に紛れた刃物で怪我をする、というのは良くある話です。
その分、注意する必要があるのですが、
実はこういった怪我は、荷造り中でも、運搬中でもなく、
荷解きの最中に最も起こりやすいといわれています。

例えば包丁を入れたダンボールの荷解き中に、
あまり注意をせずにダンボールの中に手を突っ込んで、怪我をする。
こういうケースが多発しているのですね。

そのため、刃物類を入れたダンボールには「刃物注意」と書いておき、
さらにそのダンボールの中でも一番底の端のほう、
あるいは、あらかじめダンボールを開けたら
すぐに目に入る場所に刃物を梱包するようにしておきたいですね。

ただし、これだけ注意していても起こってしまうのが刃物での怪我です。

そのため、万が一の事故にもつながらないよう、

  • 子供には荷解きをさせないこと
  • 荷解きの際には厚手の手袋などを着用しておくこと

これらの点にも注意しておくようにしたいですね。

ページの先頭へ戻る