家具の分解は引っ越し業者に頼める?処分の料金は?

引っ越しのとき、荷物の整理をしていて少し困ってしまうのが、
食器棚や机、ベッドなどの大型家具をどうすれば良いのか、
という点です。

こういった大きな家具は基本的に分解ができるようになってはいるものの、
分解するには専用の工具が必要だったりしますし、
仮にそういったものの準備があったとして、
自分で分解するのは相当の労力が必要になったりもしますよね。

ですがご心配なく。

自力引っ越しの場合ならばともかく、引っ越し業者に頼んだ場合、
そのままでは持ち運びができなさそうな大きな家具は、
基本的に作業員に頼めば分解してもらえますし、

新居に運んだ後、指示した場所での組み立てまでサポートしてくれます。

ただし、先述したとおり、分解に専用の工具などが必要である場合もありますので、
見積もりの際に、分解を任せたい家具があれば、
それも業者側に伝えておくようにしましょう。

こうした分解作業は、引っ越しの基本プラン内のサービスに含まれるので、
追加料金が発生したりすることはありませんが、
分解が難しかったり設置や組み立てをお願いする場合は、
別途オプション料金がかかる場合があります。

組み立てや配置のサポートをしてくれる引っ越し業者はたくさんあるのですが、
このオプション料金は業者によってけっこう差があるんです。

もし、分解・組み立て・配置のすべてをお願いしたい場合は、
それらのサービスを扱っている業者をピンポイントで探すことができて、
その中でさらに料金も比較できる一括見積もりサービスを使ってみましょう。

一括見積もりサービスを利用してみる

分解してほしい家具を伝えず、そのままの大きさで運搬することになった場合、
窓から搬入したりせねばならず、こうした作業費で追加料金が発生することもありますので、
一手間かかりそうな家具がある場合は、必ず業者に申告しておきましょう。

他に注意しておきたい大型家具の引っ越し準備

食器棚やテーブル、ベッドなど、
個人では分解・梱包の難しい家具に関しては、
引っ越し業者に任せれば分解から梱包、組み立てまでフルサポートしてくれますが、
実はこの他にも梱包をサポートしてくれる家具はあります。

たとえば、

  • 大型の液晶テレビ
  • テレビのアンテナ
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫

などなど…。

基本的に自分ひとりでは梱包が難しいものに関しては、
業者に依頼すれば梱包のサポートはしてくれるはずです。

ただし、あまりにこれらの量が多い場合や高価なもの、
そして特殊な家具などに関しては、
一部無料サポートではなく有料オプションとなることがある場合も。

自分ひとりでは梱包しきれないものに関しては、
見積もり段階で早めに相談し、
料金がかかるかどうかなど見極めをしておく必要がありますよ。

大型家具や家電、粗大ゴミを処分費用を安くする方法

家具を引っ越す場合に気をつけておきたいこと

料金がかかるかどうかはもちろんですが、
大きな家具を引っ越しで運ぶ場合、他に気をつけておきたいこともあります。

特に注意したいのは家具のサイズや配置です。

新居のレイアウトは事前になんとなくでいいので考えておきましょう。
このときに大きな家具を運び込む部屋とその入口のサイズを測っておくこと。

こうすることで、引っ越しのときに
「この部屋に入れたいのに家具が大きすぎて入らない!」
という事故を防ぐことができます。

また、一般的な家族引っ越しの場合は問題ないでしょうが、
一人暮らしの人が単身パックを使って引っ越す場合は、
家具のサイズにはより一層の注意が必要です。

単身パックでの引っ越しは業者指定のコンテナに荷物が収まるかどうかが重要なので、
これを超えるサイズの家具はそもそも運んでもらえない可能性があるからです。

引っ越し業者に依頼する場合の注意点

大きな家具を引っ越しする場合は、
先述したように見積もりの段階で業者に伝えておく必要があります。

トランクルームなどに預けている荷物や家具があって、
これも持っていきたい場合は予めサイズを測っておきましょう。

業者の中には無料でトランクルーム立ち寄りサービスをしてくれるところもありますが、
トランクルームが極端に近いというわけでもない限り、
そちらの荷物までは下見してくれないからです。

微妙なサイズの荷物も梱包してもらえるかどうか、
事前に確認しておいたほうが安心ですね。

また、ほとんどの業者は荷物の梱包に関しては大事にしてくれるものの、
一部では新居の養生を怠る業者もあるようです。

取り扱いに気をつけたい荷物や家具がある場合、
その家具を運び込みたい部屋は先に指定しておいて、
きっちり養生してもらえるようお願いしておきましょう。

他に、マンションへの引っ越しの場合に伝えておきたいこともあります。

  • 何階に引っ越すのか
  • 荷物の搬入にエレベーターは使えるのか
  • エレベーターに入らない荷物はないか

という点です。

エレベーターが使える場合はこの限りではありませんが、
もしもエレベーターが使えない、エレベーターに入らない大きな荷物がある場合、
追加料金が発生する可能性があるんです。

それどころか、それでも運び込みたい荷物がある場合には、
クレーン車を使って窓から搬入することに。

こうなったら時間も手間も料金も、かなりのものになってしまいます。

引っ越しで家具が不要になった場合

こうやって引っ越しを具体的に考えていくと、
「新居に入るサイズではない」、「新居に合わないために買い替えたい」
もしくは「単純に古い家具を処分したい」
という場合が出てくることもあると思います。

こういう場合はいくつか方法があります。

  • リサイクル業者に連絡をする
  • オークションなどで売る
  • 粗大ごみなどで処分する
  • 家電リサイクルなどで処分する
  • 引っ越し業者に処分してもらう

まずはひとつひとつ説明していきましょう。

リサイクル業者に連絡をする

処分したい家具や家電がまだ比較的新しく、動作にも問題がない。
その上で数が多かったり、自分では運べないものの場合、
リサイクル業者に連絡をしてみるといいでしょう。

最近はどこのリサイクル業者でも出張見積もり&買い取りをしてくれるため、
電話一本で自分の家まで来てくれるはずです。

その際、仮に値段がつかなかった物があっても、
無料で引き取りや処分をしてくれることもあります。

当然、買い取ってもらえれば多少の足しにもなるので、
労力も少なくおすすめです。

オークションなどで売る

処分したい家具や家電が比較的新しく、動作にも問題がない。
また自分で梱包できるサイズのものであれば、
ネットオークションなどに出してしまうのもありです。

こちらはリサイクル業者での買い取りや引き取りと違って、
価格を自分で決めることができますから、取引面ではかなり満足できるはずです。

一方でデメリットとしては、

  • いつ売れるのか分からない
  • 売れた場合、自分で送らなくてはいけない
  • 取引相手との交渉が面倒

という側面もあります。

これまでにネットオークションを利用している人であれば抵抗はないでしょうが、
初めて処分するのには少しおすすめしにくいかもしれません。

粗大ゴミ、家電リサイクルで処分する

最も何も考えなくて良いのはこの方法ですね。
ただし、ゴミとして処分するには、
粗大ゴミも家電リサイクルもお金がかかるため注意しましょう。

それぞれの処分方法は次の通りです。

粗大ごみを捨てる場合

まずは各自治体の粗大ごみ受付センターに申し込みましょう。

この時、

  • 粗大ごみを収集するか、指定場所に持ち込むか
  • 粗大ごみを出す日時指定
  • 粗大ごみの数と種類

などが必要になりますから、把握しておきましょう。

あとは有料粗大ごみ処理券を貼って、
指定の日時に指定の場所に捨てるだけです。

処分費用は最低200円〜となっています。

家電リサイクルに出す場合

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は粗大ごみとして出すことができません。
そのため、これら家電4品目と言われるものは家電リサイクルに出す必要があります。

これらのものは基本的に購入したお店に連絡をすれば、
有料で引き取ってもらえるのですが、
もし購入した店が分からない、遠方で引き取れないという場合は、
各自治体に問い合わせましょう。

そうすれば正しい処分方法について教えてくれるはずです。

こうした家電の処分では購入店に引き取ってもらう場合でも、
お金がかかることがほとんどですので、それだけは仕方がないので諦めましょう。

引っ越し業者に処分してもらう

大型の家具や家電の処分方法を色々紹介しましたが、
実は引っ越し業者に頼めば、処分の代理を行ってくれる場合があります。

全ての業者はこのサービスをやっているわけではなく、
仮にオプションにあったとしても有料であることがほとんどですが、
それでも自分であれこれ手続きなどをする必要がないのでかなり楽です。

一部の業者では「限られたサイズ以内のものなら無料で引き取ります」
というサービスを提供していることもありますので、
引っ越しを考えるなら一度見積もりのときにでも聞いてみましょう。

大きな家具のみ引っ越す場合

親元を離れる場合や別居をする場合など、
大きな家具だけを引っ越したいということもあると思います。

こういう場合、荷物をどうやって運ぶのか分からないという人も多いようですが、
ほとんどの引っ越し業者はこういった大型家具の引っ越しのみも扱っています。

ですから、生活で使っていた家財全てを引っ越す場合でなくても、
普通に引っ越し業者に見積もりをとれば対応してくれます。

見積りの際に大きな家具だけ引っ越したいといえば、
だいたいそういった特別な料金プランで見積もりを取ってくれるはずです。

家具のみの引っ越し料金相場

家具のみ引っ越し場合にかかる料金は次のとおりです。

  • 液晶テレビ……10,000〜20,000円
  • エアコン……10,000円
  • 洗濯機……10,000円
  • 冷蔵庫……15,000〜20,000円
  • タンス……10,000円
  • 食器棚……20,000円
  • ベッド……10,000〜20,000円
  • ピアノ……15,000〜20,000円

(※全て同一市内の引っ越しを想定した料金)

これらはあくまで目安なので複数の家具や家電を動かす場合は、
多少の値引き交渉ができるかもしれません。

ちなみに、こうした家具のみの引っ越しをするという理由が、
家のリフォームや増築、突然の単身赴任などでの引っ越しだ、という人はいるでしょうか。

そのような場合は、家具のみの引っ越しに合わせて、
荷物の一時預かりサービスを提供している引っ越し業者もあります。

荷物の一時預かりとは、荷物を搬出先から運び出し、
専用の倉庫で一定期間保管した後に搬出先に引っ越してくれるというものです。

引っ越しは決まっているものの、引っ越し先がまだ完成していない、決まっていない、
もしくは先住者がいて入居できないという場合にかなり使い勝手が良いサービスです。

こうした荷物の一時預かりサービスは、
サカイ引越センターやヤマトホームコンビニエンス、アート引越センターなど、
大手の引っ越し業者ならほとんど利用できます。

価格は預かり期間や荷物のサイズなどによって変動しますが、
トランクルームを借りるよりは安く付く場合がほとんどで、
引っ越し料金と一緒に加算されますので値引き交渉も可能になります。

ただし、トランクルームと違って、
預かり中の荷物の出し入れには追加料金がかかったり、
そもそも荷物の出し入れが不可能ということもあるので注意してください。

家具や家電の引っ越しまとめ

家具や家電の引っ越しだけを見ても、引っ越し業者によって対応は様々です。

大きな家具などは家の雰囲気を決めるのに重要なアイテムですし、
高価なものであったり思い入れがあるものだったりします。

また大掛かりな処分をするという場合には、
引越し費用が安くなっても処分費用が高くなったりと思い通りにいかないこともあります。

その点も含めて、自分の思い通りになる、後悔しない業者選びをしたいですね。

ちなみに、こうした細かいサービスの有無を一つ一つ業者に連絡をするのは大変ですから、
なにかこだわりがある場合には一括見積もりサイトを使ってみましょう。

一括見積もりサイトでは、引越しに当たってどんなサービスがあるか、
何をしてもらいたいのかというのをチェックする項目があります。

具体的に要望を入力するスペースもありますから、
自分の好みの引越しに応えてくれる業者をピンポイントで探すことができます。


HOME’S引越し見積もり

HOME’S

  • 不動産業界で有名な企業の運営なので安心
  • 登録数は少なめだが、安い当たり業者が見つかる可能性大
  • メディア露出が増え、各種サービスも充実してきている
  • HOME’S限定のお得な特典が充実


引越し価格ガイド

引越し価格ガイド

  • 登録業者が多く一番安い業者が見つかりやすい
  • 運営はテレビCMでも有名な引っ越し侍系列
  • アリさん、サカイ、アート、クロネコなどの大手も登録
  • 最短1分で引っ越しの料金相場を調べることも可能


ズバット引越し比較

ズバット引越し比較

  • 昔からある老舗サイトなので安心
  • 外食サービスの割引券などのプレゼントがあることも
  • 大手の登録がないが、地元密着型の業者が多数


ページの先頭へ戻る