たくさんの靴をまとめて引っ越しするには?

形も不定形で荷物としてはかさばってしまう靴。

しかも、男性でも1人2,3足、女性であれば1人4,5足は靴を持っているといいますので、
世帯引っ越しなどではかなりの量になってしまうことも。

そんな靴を梱包するにしてもどうすれば効率よく運べるか、
悩んだことはないでしょうか。

もちろん、いくら数が多いからといって大きなダンボールにごちゃごちゃに梱包するなんて
型崩れの原因になりますし、もってのほかです。

そこでオススメしたい梱包方法は、
靴を購入したときについてくる箱をそのまま利用する方法です。

元々、靴を購入したときについてくる箱は、
その靴が入るジャストサイズで作られているはずなので、
型崩れもなく収納にはぴったりです。

一組ずつ靴を箱に詰めたら、それを縦に4,5足分重ねて紐で縛ってしまえば、
場所もとらずに運ぶことができるでしょう。

ちなみに靴を箱に入れるときは、
しっかりと靴の中に古新聞などを詰めて形を保っておきましょう。

こうすれば引っ越しの後、しばらく使わないまましまっておいてもへたってしまうことなく、
すぐに使うことができますよ。

購入時の箱がない場合は

買ったときに靴の箱を捨ててしまっている、という人は、
靴の引っ越しについて引っ越し業者に相談してみるのもいいかもしれません。

引っ越し業者によっては、
靴の引っ越し用に専用のシューズBOXが用意されている場合があり、
無料サービスとして貸してくれることもあります。

専用のものですから収納自体は楽で運びやすいように作られています。
もし無料で使えるようなら、もちろん利用したほうがいいでしょうね。

ただし、シューズBOXの形状なども様々で、
丈の長いブーツなどが収納できない場合もありますので、
こうしたものは別途、他の箱を用意するしかありません。

また業者によってはこうした資材提供が有料の場合もありますので、
まずは業者の人に相談してみるのがベスト。

ちなみに、もし購入時の箱もなく、業者の専用BOXもない、
という場合にはできるだけ小さなダンボールに詰めるしかありません。

この収納時に気をつけたいのは、
必ず横向きに靴を入れて型崩れを防ぐようにすること。

また丈が長くシワがつきやすいブーツなどの靴は、
できるだけ上に重ねるようにするといいでしょうね。

ページの先頭へ戻る