忘れがちな冷蔵庫と洗濯機の引っ越し準備

引っ越しの準備でついつい忘れてしまいがちなのが、
洗濯機と冷蔵庫の引っ越し準備です。

こうした大型家電は、引っ越し業者に頼めば、
梱包から設置までやってくれる業者がほとんどですので、
準備の段階でほったらかしにしてしまったなんてこともありますが、
しっかりと事前に引っ越しの準備を整えておかなくてはいけません。

その代表的なのが「水抜き」と呼ばれる準備です。

水抜きとは冷蔵庫や洗濯機の中に溜まっている水を取り除き、
運搬する際に水漏れなどが起こらないようにする作業のこと。

方法は各メーカーなどによってちょっとした違いがあるようですが、
ここでは一般的な例を紹介します。

冷蔵庫の水抜き

冷蔵庫には、庫内に溜まった水を貯めておくタンクや、
受け皿のようなものが存在します。

こうした水をためる受け皿やタンクは冷蔵庫の底面部、
あるいは側面や背面から取り外せるようになっています。

これの中に入っている水を捨てておくのが水抜きですね。

ただし、冷蔵庫の場合、この水抜きをする前に、
冷凍庫やチルド室の霜取りを行なわなければいけません。

現在の冷蔵庫の場合は霜取りのための温度調整ができるものがほとんどなので、
庫内の中を空っぽにしてから霜取り→水抜きの順に行ない、
引っ越しの準備をしておきましょう。

洗濯機の水抜き

冷蔵庫のように、どこかに水を貯めておくタンクなどがあるわけではありませんが、
洗濯機の中には洗濯槽の裏側や給水ホースの中に水が入っています。
そのため、まずは給水ホースを外し、その中の水を抜きます。

さらに給水ホースをつなげていない状態で、洗濯機の脱水だけを行なって下さい。
こうすることで洗濯機の水抜きは完了です。

ただし上記で紹介した冷蔵庫、洗濯機の水抜き方法はあくまで一例です。
詳しいやり方は各機種によって異なりますので、
必ず説明書を見て行なうようにしてくださいね。

冷蔵庫の引っ越し準備は慎重に

水抜きは単純に作業で済むものですが、それ以上に慎重に準備しておきたいのが、
冷蔵庫の中身を引っ越しにあわせて空にすることです。

引っ越しの際には冷蔵庫の電源を抜いておきますし、
運搬もするので当然ながら中身は空にしておかなくてはいけません。

ですから引っ越しにあわせて食材が残らないよう、
1ヶ月前ぐらいから調整していかなくてはいけませんね。

特に保存の利かない生モノや使用頻度の低い調味料系は、
残りの量に注意するべき。

どうしても残ってしまって使い切れないという場合は捨ててしまうか、
あるいはクーラーボックスに保冷剤などと一緒に入れて、
新居に冷蔵庫を設置してからすぐに保管するようにしましょう。

ページの先頭へ戻る