不測の事態に備えておこう

引っ越し業者に引っ越しを頼んだ場合、
PCを始めとしてテレビなどの高額な家電などに関しては、
保険に加入することができます。

とはいえ、勘違いしてはいけないのは、こうした荷物の保険というのは、
「ひと目で見て引っ越し作業中に壊れたと確認できるもの」
にしか適用されないということ。

例えば、PCを例に取った場合、
運搬中にPCを落としてしまい、ケースがへこんでCDドライブが開かなくなった、
などといったときに同程度の代替品、あるいは同程度の金額が支払われるのです。

一方、運搬中の衝撃が元で内部のデータが破損し、起動しなくなった。
これも引っ越し中の故障に違いないのですが、
実際に運搬中の衝撃のせいで壊れたのかどうかは確認できませんよね。

となれば、これは引っ越し保険の対象外になってしまい、
復旧もできなければ保障もされにくいのです。

PCはいわゆる精密機械ですから、
ちょっとしたことでも調子を悪くする可能性大。

不測の事態でPCが使えなくなった場合のためにも
きちんと準備をしておくことが大切です。

絶対に必要なデータはバックアップしておこう

引っ越し作業の中でPCが壊れたときに最も困るのが、
そのPC内のデータが完全に復旧できなくなるということでしょう。

ですから、引っ越し前には万が一に備え、
データのバックアップを取っておくようにしましょう。

ちなみにデータのバックアップ方法としては、

  • ネット上のレンタルサーバーに格納
  • 外付けHDDに格納
  • 持ち運び可能な別のノートPCなどに格納

といういくつかの手段があります。

この中で、やはり最も確実なのはレンタルサーバーにデータを移しておくことでしょう。
サーバーのレンタル方法なども含めて、多少の知識は必要になりますが、
破損の心配などが限りなく低く、安心です。

あまりPCに詳しくない人は、
上記の外付けHDDを購入するなどの方法で対処すれば良いとはおもいますが、
サーバーをレンタルするのに比べて少し値段も張りますし、
またデータをコピーしたHDD自体が破損してしまうという最悪の展開も。

ちなみに、必要最低限、少量のデータだけ守りたい、
というのであれば、大容量のHDDやレンタルサーバーなどは必要ありません。

この場合は残したいデータだけをコピーし、
自分宛のメールに添付するだけでもOKですよ。

いずれにせよ、PCが破損してしまったときのことを考えて、
自分のできる範囲でデータのバックアップを取っておくようにはしたいですね。

ページの先頭へ戻る