石油ストーブの中身は抜いておこう

石油ストーブなどの引っ越しをする場合、
石油ストーブの中身は抜いておくか、使い切っておかなくてはいけません。

中身が入った石油ストーブは「危険品」に相当してしまうため、
基本的に引っ越しで運べない荷物、という扱いになってしまうのです。

一応、事前に業者に相談をして了承してもらうことができれば、
そのまま中身入りで運んでもらうこともできるとのことですが、
その場合、万が一の事故や液漏れなどで事故が起きてしまった場合、
保証の対象外になることがほとんどでしょう。

またそこまでして中身入りで石油ストーブを運んでほしい、
という場面もそうそうないでしょう。

基本的には石油ストーブの中身は自分で抜いておくものと考えておいてください。

石油ストーブの中身を抜く方法は?

単純に石油ストーブの中身を抜くといっても、
まさか傾けて灯油を流しだす、ということはできませんよね。

そのため、灯油を抜く方法として最も簡単なのは、使い切ってしまうこと。

少なくとも引っ越しの前日までには、石油ストーブをつけっぱなしにしてしまい、
完全に火がつかなくなるようにしてしまいましょう。

その他、夏などストーブをまったく使わない時期にも関わらず、
ストーブの中身が残っていた場合、近くのガソリンスタンドなどに持っていけば、
中身を抜いてもらうこともできます。

ただし、中にはサービスではなく、
こうした作業が有料になることもありますので注意しましょう。

梱包は引っ越し業者に任せよう

石油ストーブはそれなりに大きな荷物に当たりますので、
梱包は相談した上で引っ越し業者の人に任せてしまうのが良いでしょう。

ですが、もし自分で梱包するというときは次の点に気をつけて梱包してください。

石油ストーブの梱包方法

  • 破れにくいキッチンペーパーやクッキングシートで給油口を塞ぐ
  • その上からフタを閉め、さらにビニールなどをかぶせ、ゴムで縛っておく
  • 大きなポリ袋などに入れてダンボールに梱包する
  • 梱包したダンボールの上からさらにポリ袋をかぶせる

これぐらい注意をしておくのが正しい梱包方法です。

とはいえ、石油ストーブはやはり大きな家具になりますし、
梱包も上記の通りなかなか面倒なもの。

業者に任せておくのが一番安心ではあります。

ちなみに石油ストーブの梱包を業者に任せたい理由は他にもあります。

なぜならば、石油ストーブを自分で梱包したはいいものの、
灯油が完全に抜け切れておらず、液漏れなどが発生して荷物が破損した、
などという状況に陥った場合、責任が業者側ではなく、
自分にあるとして荷物の保証がされないことがあるからです。

万が一の事故も起こらないことが一番喜ばしいことですが、
もし万が一が起こったときのことも考えておきましょう。

ページの先頭へ戻る