食器類はひとつひとつ丁寧に梱包しよう

荷造りの際、注意しておきたいのが食器類の梱包です。
普通に使っても割れて破損してしまう可能性のある食器なのに、
引っ越しでダンボールに入れて運ぶ、となれば、
破損の危険性はさらに高くなってしまいます。

では、食器類をできるだけ割らずに梱包するにはどうすればいいのか。
そのコツを紹介しましょう。

必ずひとつひとつ梱包すること

引っ越しの際に食器が壊れる最も多い原因は、
ダンボールの中で食器同士がぶつかって壊れるということ。

これは、同じ形の食器だからといってひとまとめに重ねてしまい、
梱包の手間を省こうとしたときに起こりやすい破損です。

食器を梱包する場合は多少面倒でも、
ひとつひとつを古新聞やタオルなどで包み、
食器同士が直接ぶつかり合わないようにしましょう。

ダンボールには重たい食器から入れていく

梱包した食器は重たい順からダンボールに入れていくようにしましょう。

ダンボールを運ぶときは多少ならずとも上下左右に揺さぶられ、
中にもその振動は伝わってしまいます。

そんなときにもし、重たいものが上にあると、
ちょっとした振動でも重たい食器の衝撃が下敷きになっている食器に伝わり、
割れやすくなってしまうのです。

お皿などは縦に、コップは飲み口を下にして入れよう

ダンボールに食器を入れる際にもうひとつ注意したいのが、
食器を入れる向きです。

平たい食器は縦に立てて、
そしてコップなどは飲み口を下に向けて入れるようにしましょう。

これは荷物の運搬時、横揺れよりも縦に揺れることで食器が壊れる可能性が高いため。

またコップは飲み口を下にしたほうが振動に強くなり、
ダンボールの中でも安定するようになりますよ。

ダンボールの中は隙間なく埋めよう

先ほども説明したように、引っ越しのときに食器が破損するのは、
荷物を運ぶ際の振動によって、
ダンボールの中で食器同士がぶつかり合ってしまうことに原因があります。

しかし、振動があってもダンボールの中身が隙間なく埋まっていれば、
中で食器が暴れてぶつかり合うこともなく、
破損の危険性はぐんと下がるのです。

そのため、ダンボールの中には
できるだけ隙間なく埋めるようにするといいのですね。

ただしこの場合に注意しておきたいのは
ダンボールの中を完全に食器で埋めるのではなく、
どちらかといえば緩衝材を多めに入れることを心がけること。

ダンボールに一通り食器を入れ終わったら、
食器の隙間には丸めた古新聞などを詰めていけばOK。

最終的にダンボールを閉じる前に軽く揺さぶってみても、
カチャカチャと音がしなくなるぐらいになれば完璧です。

最終的には運ぶ人に注意を呼びかけよう

食器類の梱包には本当に気を使うものですが、
やりすぎて損はありません。

しかし、いかに梱包をしっかりやったところで、
食器入りのダンボールを荒く扱われては意味がありませんね。

そのため食器が入ったダンボールには、
大きくでかでかと「ワレモノ注意」と書いておきましょう。

最終的にモノを言うのは、
引っ越しの作業員がどれだけ丁寧にダンボールを扱ってくれるか、ですからね。

ページの先頭へ戻る