植物は実は引っ越しできないもの?

昨今はガーデニングなどを趣味としている人も多くなり、
植木鉢や植物が家の中にいくつかある、という方も少なくないでしょう。

普通の荷物とは違い、
植物などは形も様々でなかなか自分では梱包しにくいもの。

そのため、引っ越しをする際は多くの人が
植木鉢などはそのままにして引っ越し業者に梱包をお任せしようと考えるのだそうです。

しかし、あまり知られていないことなのですが、
実は植木鉢を含む植物は、荷物上はペットと同じ扱いになっており、
引っ越し業者が運ぶことのできないものというのを知っていましたか?

実際、中小業者の場合は引っ越しの際、植物の運搬を拒否するところもあり、
当日までほったらかしにしておくと、作業直前に慌てることになってしまいますよ。

植物の引っ越しはどうすればいい?

植物はペットと同じように、本当は引っ越し業者には運んでもらえないものです。
とはいえ、全ての業者が植物の引っ越しを拒否しているかというとそうではありません。

そのため、まずは見積もりの段階で植物を運んでもらえるかどうか、
梱包もお願いできるかどうか、
については業者の人にしっかり確認しておく必要があるでしょう。

ただし、もし梱包も運搬も可能だ、といわれた場合でも、
こういった特殊な荷物の運搬には保険が適用されないということも覚えておくべき。

そのため、引っ越し作業中に万が一、枝が折れてしまったり、
花や葉が散ってしまったりしても、これは引っ越し業者のせいではありません。

こういった破損が気になる植物の場合は、引っ越し業者に依頼せず、
自分で運ぶか、花屋さんなどのプロに依頼するのがよさそうですね。

運ぶ前の準備はどうすればいい?

植物の梱包や運搬が可能だといわれた場合でも、
事前にある程度引っ越しの準備をしておく必要があります。

まず、植木鉢などの場合は、運ぶ際に床などが濡れてはいけませんので、
水を抜いておく必要がありますね。

引っ越し前日、そしてもちろん当日にも水やりは行なわないようにしましょう。

どうしても水をやらなくてはいけない場合は、
事前に植木鉢などをビニールで覆っておき、
運ぶ際に絶対に水漏れをしないようにしておきましょう。

その他、小型の植木鉢やプランターなどは、
引っ越し業者からもらったダンボールにまとめて入れておく必要があります。

ですが、この際に注意しておきたいのは、
大きなダンボールにいくつもの植木鉢をまとめてしまわないことです。

植物の植わっている土などは、本や雑誌と同じく密度が高くて重たいもの。

そのため大きなダンボールにいくつも詰めると、
重くて底が抜けてしまう可能性があるのです。

万が一の破損時も保障されない植物ですので、
小さいダンボールに小分けするように入れて、
運搬中の事故がないようにしておきましょう。

ページの先頭へ戻る