専用のハンガーBOXがあることも

洋服の荷造りで悩んでしまうのが、シワになりやすい洋服やスーツ類の梱包です。

ダンボールに入れようとするとどうしてもシワができてしまいますし、
かといってクローゼットにかけたままでは、
そのまま引っ越しをしてもらえるかどうかもわかりません。

そこで活用したいのが引っ越し専用のクローゼットBOXです。

引っ越し業者の中には、こうしたシワになりやすい洋服を運ぶための
専用ハンガーBOXを用意している場合があります。

もしそういう洋服が多数あり、なかなか自分で持っては運べないという場合は、
事前に業者に相談してみるといいでしょう。

ハンガーBOXの扱いは業者によって違う

シワのつきやすい洋服などの引っ越しに、
業者のハンガーBOXを利用するのは賢い選択ですが、
引っ越し業者によって扱い方が違うので、注意しましょう。

大手引っ越し業者の場合は、
こういったハンガーBOXがたいてい準備されているものですが、
中小業者の中にはそもそも専用のBOXが提供されない場合もあります。

またハンガーBOXがある業者であっても、無料サービスでつけてくれる場合と、
有料オプションとして資材を提供している場合など、実に様々です。

もちろん、ハンガーBOXを使っただけで
数千円も上乗せされるようなことはないでしょうが、
こうしたオプションの違いが積み重なれば、
全体的な引っ越し料金がどんどん高くなっていくもの。

こういった料金の違いは下見をしてもらった上での見積もりでしか判断できないため、
インターネットの一括見積もりだけで判断するのではなく、
きちんと複数業者に詳細な見積もりを依頼するようにしたいですね。

ハンガーBOXが使えない場合

引っ越しを頼んだ業者がハンガーBOXを用意していない、
あるいはハンガーBOXを使わない場合は、
シワになりやすい洋服は自分で持っていくしかありません。

このときはダンボールなどに梱包せず、
ビニールなどをかぶせてそのまま持ち運ぶようにするといいでしょう。

しかし、それも難しいというのであれば、
できるだけ底の浅いダンボールに、2枚程度重ねて運ぶようにしましょう。

とはいえ、こうしてダンボールに梱包すると、
多少なりともシワがつくのは仕方のないこと。

面倒でも手持ちで運ぶか、あるいはインターネットで大きなダンボールを購入して、
畳まずに運べるようにするか。

最終手段としては諦めてシワをつけてしまってあとでクリーニングに出す、
という方法も考えておかなくてはいけないかもしれません。

それがどうしても許せない、というのでしたら、
多少高くなっても専用BOXを用意してくれる引っ越し業者に依頼しましょう。

ページの先頭へ戻る