家電の中でも扱いに悩むエアコンの引っ越し

引っ越しをする際に必ず悩みの種になるのが、
大型家電の引っ越しをするかどうか。

例えば冷蔵庫や乾燥機つき洗濯機などは、
まずそれ自体が大型なため、運ぶとなれば料金がかさんでしまうもの。

また、老朽化している場合などは特に、
その後の電気代なども考えて新居に持っていくかどうか決めなければいけません。

そして数ある家電の中でも、最も扱いに悩むのがエアコンの引っ越しです。

実はエアコンの引っ越しは冷蔵庫などとはまた違い、
引っ越し料金の観点では非常に厄介な家電なのです。

ではエアコンの引っ越しがなぜ厄介なのか説明していきましょう。

エアコンの引っ越しにはお金がかかる?

冷蔵庫や洗濯機の引っ越しとエアコンの引っ越しが違う点はひとつ。

取り外しや取り付けを業者に頼まなくてはならず、
その際には工賃がかかるという点です。

相場は業者によって様々ですが、大体の相場でいえば、

  • 取り外し&取り付け…1台15,000円〜
  • 室外機ホース取替え…1m3,000円〜
  • ガス補充…1台5,000円〜

といったところ。

つまり、エアコンを1台引っ越そうというだけでも
大体2万円近くの出費になるわけですね。

さらにエアコンの取り付け箇所が旧居と新居で違い、
新しく室外機までのホース追加などがあるとかなり料金がかかることになりますね。

エアコンの引っ越しには不安要素も

また、エアコンの引っ越しには引っ越し自体にかかる料金のほかにも
不安要素が残ります。

ひとつ目は冒頭にも説明した家電自体の老朽化や電気代に関すること。
古い家電よりも新しい家電のほうが省エネで高い効果が見込めるのは当然のこと。
高いお金を払ってまで古いエアコンを使うなら、
少しお金を出して新しいエアコンを買うのもありでしょう

そしてもうひとつは引っ越しに伴うエアコンへのダメージです。
エアコンに限らず、電化製品はすべてそうなのですが、
引っ越しをする際の衝撃などは家電に少なからずダメージを与えてしまうもの。

せっかくお金を出して引っ越しをしても寿命が縮まり、
新居ですぐに動かなくなってしまうのでは引っ越しをした意味もありません。

こうした点を全部含めた上で、
エアコンを新居に持っていくかどうかは、慎重に決めたいものですね。

ページの先頭へ戻る