引っ越しの料金は荷物で決まる

引っ越しの基本料金はいくつかの要素で決まっています。

その大きな区分けの中には当然
「荷物の量がどれぐらいか」
というポイントも含まれます。

ですから、荷物の量を減らすことは、
それだけで単純に引っ越しの料金を安くするのだ、
と考えておいて間違いはないでしょう。

ただし、引っ越し料金を安くする為に荷物を減らすといっても、
ただ漠然を荷物量を減らすのではなく、
ここでは効率的に荷物を減らす方法を紹介しましょう。

具体的な料金はダンボール数で決まる

荷物を減らすと引っ越し料金が安くなる、と言っても、
これだけではどれぐらいの荷物量の変化で料金がかわるのかわかりませんよね?

そこで、具体的にどういう荷物の減らし方が料金に関係するのでしょうか。

その答えはダンボールの量になります。

引っ越し業者は下見の段階で運び出す荷物の量をダンボール箱の数に換算して数えます。
その数によって作業時間やトラックの大きさを決めなくてはいけないからなのですね。

そして、そのダンボール量で料金が変わるというわけです。

そのため、料金を安くするには、まず業者を下見に呼ぶ前の段階で、
新居に持っていかない荷物は処分しておくこと。

あるいは処分ができなければ
引っ越しをする荷物としない荷物を区分けしておくと良いでしょう。

そして下見の段階で
「この荷物は新居に運びません」
といえば、その分だけ安くなることは間違いないですね。

大型の荷物には特別料金がかかることも

全体的な荷物の量を減らすだけでももちろん引っ越し料金は安くなりますが、
それ以上に料金を左右するのは大型の荷物の運搬になります。

例えば冷蔵庫などといった大型家電や、解体のできない家具などは、
引っ越しをする際にちょっと高めの値段設定をつけられることが多いのです。

そのため、引っ越しをする際には家電などを運ばずに、
新居での買い替えを考えるというのもひとつの手です。

リサイクルショップなどに引き取ってもらえば、
収入にこそなりませんが、その分安く新しい家電・家具の購入資金に充てられますし、
引っ越し料金の値引き分を考えればなかなか割りの良い話。

特に古い家電の場合は省エネの観点から効率の悪い場合もありますので、
長期的な観点で観るとかなり安くなることだってありますよ。

ページの先頭へ戻る