引っ越し料金にはダンボール代も含まれる?

業者に引っ越しを依頼した人であれば分かると思いますが、
引っ越しの契約をすると、梱包を依頼する、しないに関わらず、
業者に頼めばダンボールを持ってきてくれるものです。

多くの人はこれを業者のサービスだと考えているでしょうが、
実はこれは無料サービスではないことをご存知でしたか?

見積もりされた引っ越し料金の中には、
実は業者が用意する資材の料金も含まれており、
その中にはダンボールも当然ながら入っています。

ですので、ダンボールを自分で用意すれば、
このダンボール代を割引してくれるように交渉することができるのです。

ダンボールを自分で用意するとどれぐらい安くなる?

引っ越し業者が見積もりを出した引っ越し料金には、
ダンボール代も含まれています。

それでは、引っ越しで使うダンボールを業者のものを使わずに、
自分で集めればいったいどれぐらい料金を安くすることができるのでしょうか。

その答えは「業者による」という程度です。

実際のところ、引っ越し料金に占めるダンボール代は少なく、
これを自力で集め、業者のものを使わないからと言って、
「数万円安くしろ」
という値引き交渉は難しいもので、業者によってははっきりと
「それだけで値引きはちょっと…」
というところもあります。

現実的には、他の値引き要素と含めて
「ダンボールも要りませんのでもう少し安くできないか」
という交渉材料として使える程度だと考えておいてください。

とはいえ、それでも業者のダンボールを使うより、
自力で集めたほうが引っ越し料金を値引きしやすいことは確かなことですよ。

ダンボールはどうやって集めれば?

自力でダンボールを集めれば引っ越し料金を安くすることはできますが、
それでも自分でダンボールを集めるなどということはあまりしたことがないですよね。

では引っ越しに使うダンボールはどうやって集めたらいいのでしょう。

最も簡単なのは付近のドラッグストアやスーパー、
あるいは生協などで廃棄されるダンボールをもらうことです。

直接店舗の方に
「廃棄予定のダンボールをもらえませんか?」
と聞いてみるといいでしょう。

ただし、スーパーや生協などで廃棄するダンボールは、
生の食品が入っていたものなどもありますので、ご注意を。

そういったダンボールは匂いや耐久性の問題もあり、
当然ですが引っ越しで使うには不向きですからね。

また中古ではないキレイなダンボールを集めたいなら、
ネット販売もオススメ。

安いものであれば千円も出せば、一人暮らしの引っ越しには十分な量が揃いますよ。

ページの先頭へ戻る