急なキャンセルはキャンセル料がかかる

引っ越し作業の依頼をしたものの、
急な用事でキャンセルをしなくてはいけないときもあると思います。

しかし、用事が何であれ、自分の都合で急にキャンセルをした場合、
キャンセル料が発生するかもしれないことは覚えておきましょう。

キャンセル料が発生するのは、引っ越しの前日から。
具体的なキャンセル料は次の通りとなっています。

  • 引っ越し前日のキャンセル→引っ越し料金の10%以内
  • 引っ越し当日のキャンセル→引っ越し料金の20%以内

ちなみに決まりでは、上記のように「○%以内」と定められていますが、
ほぼ確実に最大限のキャンセル料が取られると思っておいたほうがいいでしょう。

引っ越し2日前まではキャンセル料を取られない

ちなみに引っ越しのキャンセルでキャンセル料が取られるのは、
引っ越し前日、及び当日にキャンセルした場合のみ。

引っ越し2日前までであれば、たとえどれだけ個人的な理由でのキャンセルをしても、
料金が発生することはありません。

とはいえ、1週間前にはキャンセルが決まっているのに、
2日前までは料金を取られないからといって業者に連絡をしないのは、
マナー違反ですよね。

また、これを利用して複数の業者に引っ越し依頼をしておき、
ぎりぎりまで交渉を続けるなどというのももってのほか。

それであれば早め早めにインターネット一括見積もりサービスを利用して、
安くて信頼できる業者を探したほうが労力もかかりません。

キャンセル料がかからない特殊なケースも

ちなみに、引っ越し前日以降のキャンセルには
キャンセル料が発生すると書きましたが、
止むを得ない状況で引っ越し作業ができない場合は、
キャンセル料が発生しません。

具体例を挙げれば、

  • 引っ越し作業が困難なほどの天災、
  • 身内の不幸
  • 立会いができないほどの病気や事故

などです。

ただし、引っ越しができないほどの天災などに関してはともかくとして、
そのほかの事情に関しては業者によって判断は様々です。

また上記に挙げた事情のほかにもどうしても仕方のない理由がある場合は、
真摯に業者に話をすることで、キャンセル料が免除になったり、
または安くなることもあります。

キャンセルをしなくてはいけないような状況に陥らないことがベストですが、
もしそうなってしまった場合は、できるだけ早く、
そして理由までしっかりと説明するように心がけましょう。

ページの先頭へ戻る