新居側のドアやエレベーターのサイズは測っておこう

大きな家具や荷物がある場合、ドアから搬出ができないため、
業者に分解を依頼したり、
あるいは窓など、別の場所から搬出を行なうことがあります。

こうしたケースはままあるもので、
下見段階でそれが分かっていれば、
特殊な運搬用具などが必要にならない限りサービスで行なってもらえるものです。

しかし、業者が見積もりの下見に来て確認できるのは、
旧居のドアのサイズなどだけです。

もし、旧居のドアからそのまま運び出せる荷物を新居に運んだとき、
ドアからの搬入ができないということになれば、その場で分解作業をしたり、
最悪の場合、別の場所から特殊な運搬用具を使って搬入しなくてはならない、
なんてことにもなってしまいます。

こうならないためにも、
業者が引っ越しの下見や見積もりを出す段階で、
新居のドアのサイズや間取りをある程度伝えておいたほうがいいでしょう。

その際も
「旧居のドアより少し小さいぐらい」
などというあいまいな情報ではなく、
「高さ○cm、横○cm、玄関の奥行きは○m程度」
などときっちりサイズを測っておくようにすれば万全です。

また玄関のドアのサイズはともかくとして、
見落としがちなのが、廊下とリビングをつなぐドアのサイズなど。

特にリビングへ運ぶ家具や荷物には大型なものが多いので、
分解せずに搬入ができるかどうかはきっちり見ておきましょう。

場合によっては追加料金がかかることも

もし、新居側で荷物の搬入ができず、
窓から搬入したりといった特殊な作業を行なわなくてはいけない場合、
見積もりにはなかった追加料金が発生することもあります。

特に一軒家からマンションの上層階などへ引っ越す場合などは注意が必要。

分解もできず、窓からの搬入もできないとなった場合は、
荷物を一旦預かりの上、
後日特殊な運搬車での搬入、ということになったりするかもしれません。

その場で簡単に分解できる程度の作業であれば、
追加料金が発生したとしてもたかが知れているでしょうが、
上記のような特殊なケースでは、
想像以上の莫大な追加料金が発生してしまうことになります。

これは自分にとっても不利益なだけではなく、
業者側にとっても手間なはず。

できるだけスムーズに問題なく引っ越しを終えたいなら、
簡単な労力は惜しまないことです。

ページの先頭へ戻る