天候で引っ越しは左右されない

雨の日の引っ越しは荷物が濡れる可能性もあり、
また足元も不安定で、引っ越し作業が難航する可能性もあります。

また荷物を破損してしまう確率も、晴天の日に比べれば圧倒的に高いでしょう。

とはいえ、雨などの悪天候を理由に
引っ越し作業を延期させることは基本的にできません。

業者は仮にもプロですから、
多少の悪天候の中でも引っ越し作業を進めることのできるよう、
しっかりとした準備は整えてきているはず。

たしかに天気の良い日に比べて、
作業が難しくなることは否めませんが、
だからこそより慎重に、より安全に引っ越しをしてくれるはずです。

いずれにせよ、天候状況によって引っ越し作業をするかしないかは、
業者側が決めることとなっています。

もちろん、そこで破損などが出た場合はそれ相応の保障をしてくれますし、
逆に業者側もそんな事態にならないよう特に慎重になるはず。

もし作業をするという決断が出た場合は、
素直にプロの腕を信じるようにしましょう。

どうしても延期したい場合は?

悪天候内での引っ越し作業が不安でどうしようもなく、
どうしても延期をしたい、という場合は、
引っ越し業者にその旨を伝えればOKです。

しかし、この場合はこちら側の理由での延期になってしまいますので、
当然ながらキャンセル料は発生するものと考えましょう。

ただし、その理由によっては延期の申請が認められ、
対処がとられることもあります。

たとえば、
湿度や温度に非常に敏感な高価な荷物(専門機器や楽器など)があり、
運搬自体が難しいという場合などがこれに当たります。

上記のような場合は、きちんとその説明をした上で、
引っ越し業者の判断を待ちましょう。
もしかしたら、それに該当する荷物の引っ越しだけは延期し、
そのほかの荷物は当日に引っ越しする、などという措置がとられるかもしれません。

とはいえ、それほど繊細な荷物があれば、
おそらく事前の下見段階で運搬を拒否されているでしょうから、
めったなことでもない限り、こうした特例は認められないと考えておいてください。

台風や暴風雨の場合は別

悪天候であっても引っ越しが延期されることはない、
と書きましたが、度を越えた悪天候の場合は話が別です。

台風や暴風雨、極度の積雪、また天災などが起こった場合は、
引っ越し業者の判断で引っ越しが延期になることがあります。

とはいえ、こういう場合もこちら側から連絡をして延期になるのではなく、
業者側から延期の連絡が来るはずです。

そのため、連絡がない場合は基本的に引っ越し作業が行なわれるもの、
と思っておきましょう。

ページの先頭へ戻る