関西と関東では周波数が違う

関東から関西、あるいはその逆の引っ越しをするというときは注意が必要です。

というのも、実は関西と関東では、供給されている電気の周波数が異なるのです。

そのため、家電によっては周波数の違いに適応できず、
動作不良を起こしたり、最悪の場合故障してしまうかもしれません。

周波数の違いが動作に影響する家電や機器に関しては、
取り扱い説明書に記載がされているはずなので、
不安な場合は引っ越しの前にしっかりと確認しておきましょう。

遠距離の引っ越しは料金を比較しよう

関東から関西、または関西から関東へ引っ越しをする時は、
距離が遠く、遠距離の引っ越しになるため、
引っ越し料金が高額になりやすいです。

ですが、業者によっては、引っ越しを予定していた日に、
同じ方面へ引っ越す人がいた場合、
引っ越しの料金が割引されることもあります。

ですので、複数の業者へ見積りを依頼して比較してみるのが、
引っ越し料金を安くするためのコツです。

一括見積りのサービスを使えば、
簡単に業者の料金を比較できるので、
まだ引っ越し業者を決めていない方は、
一括査定を利用して業者を探してみましょう。

引越業者一括見積もりサービスを見てみる

最近の一般的な家電はほぼ大丈夫

周波数が家電に影響を及ぼすと聞いて、
真っ先に思い浮かぶのは日常的に使用する家電の数々だと思います。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • テレビ
  • コンポ
  • PC

などなど。

ですが、現在ではこうした家電のほとんどは、
周波数の違いに対応しており、
動作不良を起こす心配はまずない設計になっています。

ただし、上記に挙げた家電の中でも、
製造年数が古いタイプのものは要注意です。

もしかしたら周波数の違いに対応していない可能性があります。

あまり使っているひとは少ないかもしれませんが、
具体的には2000年以前に作られている製品なのであれば、
念のために説明書やメーカーに問い合わせて確認したほうがいいかもしれません。

周波数の違いが影響するタイプのものって?

今では、一般的な家電のほとんどは周波数の違いに対応しており、
全国どこでもコンセントをつなぐだけで使えるようになっているのがほとんど。

しかし、中には周波数の違う地域では、性能が変化してしまうものもあります。

具体的には、

  • 扇風機
  • 旧型の電子レンジ
  • 蛍光灯器具
  • 旧型のエアコン

などです。

上記のような器具は内蔵されたモーターなどが周波数の違いを受けて、
動きが変化してしまったり、そもそも稼働しなかったりすることもあります。

確認するためには、取り扱い説明書を読むか、
型番を確認してメーカーに問い合わせるか。

もしくは型番など仕様が書かれている場所があれば、
そこに「50/60Hz」のような表記がないか見てみましょう。

50Hzとだけしか書かれていなければ、関東でしか使えず、
60HZとだけしか書かれていなければ、関西でしか使えません。

そして両方かかれているならば、どちらでも問題なく使用できる、というわけですね。

急に遠距離の引っ越しが決まったら

遠距離の引っ越しでは、様々な役所系の手続きや引っ越しの準備以外にも、
周波数の問題など気をつけることが増える傾向にあります。

特に、遠距離の引っ越しが急に決まった場合は、
作業員の拘束時間が長く、業者が見つけにくいです。

そのような場合も、一括見積もりを使えば、
対応可能な業者を簡単に見つけることができます。

引っ越しの料金を最大限かからないようにするためにも、
遠距離で急な予約でも対応してくれる業者を、
一括見積もりで比較してみましょう。


HOME’S引越し見積もり

HOME’S

  • 不動産業界で有名な企業の運営なので安心
  • 登録数は少なめだが、安い当たり業者が見つかる可能性大
  • メディア露出が増え、各種サービスも充実してきている
  • HOME’S限定のお得な特典が充実


引越し価格ガイド

引越し価格ガイド

  • 登録業者が多く一番安い業者が見つかりやすい
  • 運営はテレビCMでも有名な引っ越し侍系列
  • アリさん、サカイ、アート、クロネコなどの大手も登録
  • 最短1分で引っ越しの料金相場を調べることも可能


ズバット引越し比較

ズバット引越し比較

  • 昔からある老舗サイトなので安心
  • 外食サービスの割引券などのプレゼントがあることも
  • 大手の登録がないが、地元密着型の業者が多数


ページの先頭へ戻る