引っ越しの際にしておかなくてはいけない手続きは?

引っ越しの際は住所の変更に伴い、各種手続きが必要になります。

引っ越し後では面倒になるものも多いため、
しっかりと計画を立てて早めに終わらせておきましょう。

引っ越し前にやっておきたい手続き一覧表

転出届

引っ越し先が別の市区町村になる場合は、
旧居の市・区役所にて転出届を発行してもらいましょう。

旧居と新居が同一市区町村の場合は転出届はいりません。

ちなみに転出届は新居さえ決まればいつでも発行してもらえますので、
早めにもらっておいて良いでしょう。

電気・ガス・水道の手続き

新居と旧居、それぞれの管理会社に引っ越し日を連絡しておきましょう。
ちなみに各会社への連絡は引っ越し予定日の1週間前までに行なっておくのが理想。

また、新居でガスの開栓を行なう際は必ず立会いが必要になりますので、
注意しましょう。

固定電話の手続き

NTTに連絡し、引っ越しすることを伝えておきましょう。

ちなみに新居が新築などで電話線などがまだ引かれていない場合は、
工事が必要になることもありますので、
必ず引っ越しの2週間前までに連絡しておく必要があります。

ただし、すでに電話線が引かれている場合は、
最悪引っ越し当日の連絡でもすぐに対応してもらえるようですよ。

郵便局への手続き

新居が決まったら、郵便局で手続きを行い、
郵便物配達先の変更を行ないましょう。

ちなみに、新居に引っ越した後でも、手続きを行なっておけば、
旧居宛の荷物が1年間の間は新居へと届けられることになりますが、
転居届を出すのが遅れると、この対応も遅れる場合がありますので、
引っ越しの2週間前までには手続きしておきたいですね。

インターネットプロバイダの手続き

利用しているインターネットプロバイダに連絡し、引っ越しの旨を伝えましょう。

ちなみに旧居でのプロバイダを解約し、新居で新しいプロバイダと契約する場合、
新居に回線が引かれていないこともあります。

この場合は工事が必要になる場合もありますので、
最低でも引っ越しの1ヶ月前に連絡しておくとスムーズになりますね。

ただし、新居でのネット環境が整っている場合でも
引っ越し1週間前までには連絡をしておいたほうがよさそうです。

銀行・クレジット会社・ケータイ会社の手続き

利用している銀行やクレジット会社、ケータイ電話会社で
住所変更の手続きを行なっておきましょう。

ちなみにこれらの手続きは引っ越し後でもかまいませんが、
万が一手続きが遅れると旧居の住所へ請求書などが送られる可能性もあります。

こうした事故を防ぐためにも引っ越し1週間前には、
住所変更手続きを行なっておくのが無難です。

転校手続き

引っ越しに伴い、転校が必要になる場合は、
新居が決まった段階で学校に相談しておきましょう。

手続きには各学校によって違いがありますので、
相談した上で指定された手続きを行なうことになります。

手続きは基本的に早ければ早いほどいい

引っ越しに伴う手続きの中には、引っ越し当日でもかまわないものもあります。

しかし引っ越しが近づくにつれ、やることもどんどん増えてきてしまいますし、
そうなると各種手続きも忘れてしまいがち。

引っ越しが決まったら、必要なことはできるだけ早く済ませて、
抜けのないようにしておくのがベストですね。

ページの先頭へ戻る