固定電話の手続き

引っ越しが決まったら、できるだけ早く連絡しておきたいのが、
電話会社への連絡です。

特に市外局番の変わる地域への引っ越しの場合は、
新しい電話番号を取得する必要があります。

そのため電話会社への連絡が遅れると、
引っ越しの案内状を送ることもできなくなりますので、
引っ越し1ヶ月前〜2週間前を目安にできるだけ早く手続きを済ませましょう。

手続きの方法は次の通りです。

まず、電話回線移設、移転のダイヤル「116」に電話をかけ、引っ越し予定を伝えます。

このとき手続きのために、

  • 契約者名
  • 旧住所、新住所
  • 利用中の固定電話番号
  • 引っ越し予定日

が必要になりますので、用意しておきましょう。

もし、電話番号が変わる場合は、
新しい電話番号の候補がいくつか選べますので、
その中から好みのものを選んで、手続き終了となります。

手続きを済ませておけば、すぐに新居での電話利用が可能になっているでしょう。

ちなみに、新居が新築の場合などは、
電話回線をつなげる工事が必要になることもありますので、
この場合はなおさら早めに手続きをしておく必要がありますよ。

インターネット回線の手続き

水道や電気などよりも早めに連絡しておきたい電話回線の開通ですが、
それと同じぐらい気にかけておきたいのがインターネット回線の手続きです。

まず確認しておきたいのは以下の点。

新居にインターネット回線がつながっているか

まずは新居のネット環境を確認しましょう。
もし一切ネット環境が整っていない場合は、
まずインターネット回線をつなげる工事から必要になります。

この工事には1ヶ月近くかかることもありますので、
引っ越しが決まったらまず最初に確認しなくてはいけません。

ネット環境が整っている場合、プロバイダの変更は必要か

最近では『インターネット環境完備』の物件がほとんどですので、
引っ越し先でも既にネット環境が整っている場合もあります。

しかし、新居でも今までと同じプロバイダが使えるとは限りません。

そのため、新居で契約できるプロバイダを確認しておき、
必要ならば旧居のプロバイダを解約し、
新しい契約を結びなおさなくてはいけません。

またそうなった場合は、旧居でのプロバイダ解約に伴い、
リース品の返還やプロバイダのメールを使っている場合は、
メール内容の保存や知人や取引先へアドレス変更の連絡をしなくてはいけません。

ちなみに旧居と新居で同じプロバイダが使える場合でも、
光回線からADSLに変えたりしなくてはならない場合も
様々な手続きが必要になります。

プロバイダもプランも変更しなくて良い場合は、
住所変更の連絡だけで済みますがこうしたケースもなかなか少ないもの。

いずれにせよ、かなりの時間を要する可能性が高いため、
早め早めに対処しておくようにしたいですね。

ページの先頭へ戻る