特定のペットを飼っている場合は手続きが必要

特定のペットを飼っている家庭の場合、
引っ越しをした後は保健所への届出が必要になることがあります。

言ってみれば人間同様、ペットの住所変更が必要になるのですね。

特定のペットとは、例えば

  • ヘビ
  • 大型の鳥類(タカなど)
  • サル

などになります。

そのほかにも国から「特定動物」として指定されているペットは
引っ越しとともに届出が必要になりますので、忘れずに届出にいきましょう。

これに対し、猫や小鳥など、飼う際に登録が必要にならないペットがいる場合は、
特に届出の必要はありません。

手続きは必要な引っ越しは?

ペットと引っ越した場合は、
どんな場合でも保健所への手続きが必要になります。

ただし、同一市区町村内で引っ越す場合は、登録内容の変更のみ。

別の市区町村へ引っ越す場合は、
畜犬登録をした際にもらえる鑑札の変更などが必要になりますので、
事前に準備をしておきましょう。

犬の登録変更手続き方法

さて、では犬を例にとって、引っ越し時の手続き方法を紹介します。

まず、引っ越し前には旧居を管轄する保健所へ行き、
「廃犬」手続きを行なっておきます。

その上で、新居に引っ越したあと30日以内に、
新居を管轄する保健所へ行き、新しく畜犬登録を行ないましょう。

この際必要なものは次の通りです。

  • 印鑑
  • 狂犬病予防注射済証
  • 旧鑑札
  • 廃犬届

ちなみに、こうした手続きを忘れることはまずないと思いますが、
引っ越し後30日を経過しても手続きをしていないと、
最悪の場合、罰金を科せられてしまうこともあります。

そのため、忘れないようにし、
できるだけ早めに準備と手続きを行なっておきましょう。

また必要書類があれば手続き自体は飼い主本人が行かなくてもOKですので、
家族や知人に頼んでおくのもいいかもしれません。

ページの先頭へ戻る