役所で行なうべき手続きまとめ

引っ越しをした場合の代表的な手続きとして、転出届や転入届の提出がありますが、
役所ではこれらのほかにも様々な手続きが必要になります。

ここでは各種手続きの方法を紹介しましょう。

国民年金の手続き

同一市区町村内での引っ越しの場合

この場合、役所に転居届を出していればその新住所が自動的に適用されるため、
特別何かの手続きを行なう必要はありません。

ただし、市区町村によっては、何かしらの申告が必要な場合もありますので、
転居届を提出した際に確認しておくと良いでしょう。

他の市区町村へ引っ越す場合

旧居側での特別な手続きはありませんが、
新居側の役所での手続きが必要になります。

まず引っ越しをした後2週間以内に役所へ行き、
転入届を出してから住所変更手続きを行ないましょう。

この際、印鑑と国民年金手帳を持参する必要がありますのでお忘れなく。

国民健康保険の手続き

同一市区町村内での引っ越しの場合

この場合、引っ越した後の住所変更手続きだけでOKです。
役所に転居届を出してから、同時に住所変更手続きを行ないましょう。

なお、手続きには保険証と印鑑が必要になります。

他の市区町村へ引っ越す場合

この場合はまず旧居側で国民健康保険喪失手続きを行ない、
その後、新居側で新たに国民健康保険に加入するという手続きをしなくてはいけません。

まず引っ越しの2週間前を目安に旧居の役所へ印鑑と保険証を持っていき、
保険証を返還しましょう。

その上で、引っ越し後2週間以内に新居の役所へ

  • 印鑑
  • 転出証明書
  • 身分証明書

を持って行き、新たに国民健康保険の加入手続きを行なうことになります。

印鑑登録の手続き

同一市区町村内での引っ越しの場合

この場合、役所に転居届を出していればその新住所が自動的に適用されるため、
特別何かの手続きを行なう必要はありません。

他の市区町村へ引っ越す場合

他の市区町村へ引っ越した場合、
転出届の受理と同時に基本的には印鑑証明も勝手に消失することになります。

そのため旧居側では、
特別何かの手続きを行なわなければいけないというわけではありません。

ただし、引っ越し先の役所で新しく印鑑証明の手続きを行なうことになります。

持っていく物は、

  • 印鑑(実印)
  • 転出証明書
  • 身分証明書

となります。

印鑑は他の手続きにも必要になるため、持って行くことは持っていくのでしょうが、
ゴム印やシャチハタでは印鑑証明はできませので、
再三確認しておく必要がありますよ。

ページの先頭へ戻る