生活に欠かせない水道、電気、ガスの手続き

普段何事もなく使っていますが、
いざ引っ越しの際に手続きするとなったら少し戸惑ってしまうのが、
水道、電気やガスなどの手続きですね。

中には連絡が遅れると新居での使用が遅れてしまう可能性があるものも。

それぞれの手続き方法をきちんと整理して、
すばやく対応できるようにしておきたいですね。

水道の手続き

引っ越し前2〜1週間前を目安に、
旧居と新居の水道管理会社に連絡をしておきましょう。

問い合わせには、

  • 契約者名
  • 住所(旧居、新居それぞれ)
  • 連絡先
  • 料金明細に書かれたお客様番号
  • 利用停止、開始日時

が必要になります。

連絡さえしておけば、後は引っ越し前に旧居の水道の元栓を閉め、
新居に引っ越したときも自分で元栓を開ければ普通に使うことができます。

ちなみに旧居や新居がマンションだった場合は、
マンションの管理会社に連絡をするだけでOKのこともあります。

これは事前に確認しておくと良いでしょう。

電気の手続き

水道の手続きと同じく、引っ越し前2〜1週間前を目安に
旧居と新居の電力会社に連絡をしておきましょう。

問い合わせには、

  • 契約者名
  • 住所(旧居、新居それぞれ)
  • 連絡先
  • 料金明細に書かれたお客様番号
  • 利用停止、開始日時

が必要になります。

連絡をしておけば、引っ越し前に旧居のブレーカーを落とし、
新居ではブレーカーを上げることで電気を使うことができるはずです。

ちなみに水道とは異なり、電気は基本的に日割りで使用量が計算されますので、
引っ越し当日には電力会社の人がメーターの点検に来ると思います。

しかし代金をそこで支払う必要はなく、
日割りの電気料金は新居へ請求書が送られますので、
特に代金を用意しておかなくても大丈夫です。

ガスの手続き

引っ越し2〜1週間前を目安に、
旧居と新居のガス会社に連絡をする点は水道や電気の手続きと同じです。

また問い合わせに必要になる書類も、

  • 契約者名
  • 住所(旧居、新居それぞれ)
  • 連絡先
  • 料金明細に書かれたお客様番号
  • 利用停止、開始日時

とほぼ同一のものが必要になります。

ただし、上記の手続きと違う点は、
ガスの利用停止、開始には必ず立会いが必要になるという点です。

引っ越し日時を連絡しておくと、
引っ越し当日に旧居と新居にはガスの元栓を開閉する作業員が来ます。
このときに元栓の開閉に立ち会わなくてはいけません。

水道や電気は万が一連絡が遅れて引っ越し当日に連絡をしても、
しばらく経てば使えるようになったりしますが、
ガスの場合は手続きの特性上、こうしたことは難しくなります。

事前の連絡は必須になりますので忘れないようにしておいてくださいね。

ページの先頭へ戻る