学校によって転校手続きは異なる

転校手続きは場合によって、非常に時間がかかるものになりますので、
引っ越しが決まり、転校の必要性が出てきた場合には、
一刻も早く手続きを進めておくべきです。

また、転校の手続きは、

  • 公立小・中学校
  • 公立高校
  • 私立校

のそれぞれで異なりますので、注意しておきましょう。

公立小・中学校の転校手続き

では、まず公立小・中学校での転校手続きの流れを説明します。
時系列に沿って行なうべき手続きを見ていきましょう。

  1. 引っ越しが決定したら在学中の学校に連絡し、

    「在学証明書」と「教科書用図書給与証明書」をもらいます。

  2. 引っ越しをした後、新居側の役所に「転入届」を提出し、「住民票」をもらいます。
  3. 新居を管轄している教育委員会に「住民票」を提出し、

    どこの学校に転校すればいいかの指示と「転入学通知書」をもらいます。

  4. 指定された学校に「在学証明書」「教科書用図書給与証明書」

    「転入学通知書」を提出します。

この流れで書類上の手続きは完了です。

ただし、手続きはこれで終わっても、
実際には学校行事の参加や通学方法の確認など、
やらなければいけないことは山ほどあります。

これらは実際に転校先の担当教師などと綿密に相談し、話を進めましょう。

また、子供が新しい学校に馴染むまでは親のフォローも大切です。
引っ越し直後は自分たちも忙しいでしょうが、しっかりと面倒を見てあげてください。

公立高校の転校手続き

まず公立高校は小・中学校と異なり、義務教育ではありませんので、
基本的に転入には「編入考査」と呼ばれる試験が存在します。

また転校手続きも公立小・中学校のように決まった手続きはなく、
在学中の学校や、地域の教育委員会などと相談し決定していくため、
各都道府県によって手続き方法が異なります。

とはいえ、大まかな転校手続きの流れはありますので、
ここではこれについて説明しましょう。

  1. 引っ越しが決定したら在学中の学校に転校する必要があることを連絡します。
  2. 次に新居のある地域の教育委員会と相談し、

    編入を受け入れている高校を探します。

  3. 編入を受け入れている高校が見つかった場合、

    直接学校と連絡を取り、編入希望の旨を説明します。

  4. 指定された編入考査を受けます。

これで晴れて編入考査に合格すれば編入となります。

ただし、あくまでも上記の流れは一例で、
各都道府県などによって異なりますので、
転校の必要が出てきた場合、十分に時間の余裕を持って早めに動きましょう。

私立校の転校手続き

私立校の転校については、公立高校の転校手続きと似ており、
基本的には在学中の私立校と各都道府県の私立学校協会に相談をすることになります。

手続きの流れは大体以下の通り。

  1. 引っ越しが決定したら在学中の学校に転校する必要があることを連絡します。
  2. 次に新居のある地域の教育委員会や私立学校協会と相談し、

    編入を受け入れている学校を探します。

  3. 編入を受け入れている学校が見つかった場合、

    直接学校と連絡を取り、編入希望の旨を説明します。

  4. 指定された編入考査を受けます。

これで考査に受かることができれば、無事編入ということになります。

ただし、私立校の場合は、子供の学力との兼ね合いや欠員があり、
編入受け入れを行なっている学校が少ないなど、
公立高校の編入より、さらにシビアなものになると思います。

引っ越しの場合はその点を十分に考慮し、本人の希望なども含めて、
場合によっては遠距離通学なども視野に入れて考えなくてはいけないかもしれませんね。

ページの先頭へ戻る