郵便局での手続き

引っ越しの際、どれだけ関係者全員に新住所を知らせたと思っていても、
絶対に抜けはあるものです。

そんなときに便利なのが、郵便物の転送サービスです。

このサービスは、郵便局で手続きを行なっておけば、引っ越し日から一年間の間、
旧居宛に届いてしまったあなたの荷物を自動的に新住所へと転送してくれるというもの。

これがあれば万が一引っ越しの連絡をしていなかった人から、
旧居宛に郵便が届いても手元に送られてくるので、
その際に新住所を教えることができますね。

もちろん、この手続きは必須というわけではありませんが、
やっておいたほうがいいのは確実ですね。

手続きの方法は?

手続きの方法は非常に簡単で、
最寄の郵便局へ行き、必要書類に記入して提出するだけです。

この際、

  • 印鑑
  • 身分証

が必要になりますので忘れないように注意してください。

ちなみに、郵便局に直接行かなくても、
インターネットなどから転居届を出すこともできます。

この場合、
「郵便局」のホームページにアクセスし、
「転居・転送サービス」を探しましょう。

その後は画面の指示に従って項目を入力していくだけで
手続きが完了します。

ただし、直接郵便局へ行って手続きするのとは異なり、
インターネットで転送サービスの手続きを行なった場合、
後日、郵便局員が本人の居住確認をしに来たりすることもあります。

このときに本人の居住確認が取れなかったりすると、さらに後日、
本人の名義と住所が確認できる郵便物の郵送が必要になったりすることもあります。

こうなってくるとさすがに面倒なので、手続きはできれば時間のあるときに、
直接郵便局へ行って済ませてしまうのが無難かもしれません。

転送サービスは延長できる

この郵便物の転送サービスは、
基本的に転居日から1年間有効となっていますが、
申請すれば期限を迎えた後、さらに1年間延長することができます。

よほどの事情がない限り、2年目の転送サービスを利用する必要はないと思いますが、
念のために覚えておくのもいいかもしれません。

ページの先頭へ戻る