良物件の条件とは?

一般的に「優良物件」と言われて思い浮かべる条件といえばどんなものでしょう?

例えば

  • 築浅
  • 駅近
  • 日当たり良好
  • デザイナーズマンション
  • コンビニが近い

などでしょうか。

たしかにこういった物件は人気度も注目度も高く、
思わず「おっ」を惹かれてしまう条件ですよね。

しかし、本当にそこに住むということを考えたとき、
自分にあった「優良物件の探し方」というのは少し変わってくるかもしれません。

ここではそんな具体的な例を挙げていきましょう。

24時間ゴミステーションの利便性

現在ではほとんどの地域で、ゴミ出しの日や時間が決められてしまっています。

ところが、一人暮らしでゴミ出しの時間帯にはほとんど家にいない、
などという生活をしている人にとって、これは非常に致命的な状況です。

たまの休みの日が合わなければいつまで経ってもゴミが出せず、
家にゴミ袋が溜まっていく一方。

しかもたまにゴミ出しができても一度に大量のゴミをだすのは、
地域によってマナー違反になり、非難の対象になってしまうことがあるかもしれません。

そのため、一人暮らしの人や生活時間が普通と違う人は、
24時間のゴミステーションや独自でごみ収集業者と契約しており、
自由にゴミ出しができる物件が最優先になるのです。

周辺に学校があるかないか

特に小・中学校の周囲はそうなのですが、
学校周辺はパトロールなども盛んになっており、
基本的には治安が良い、と言われています。

そのため、女性の一人暮らしなどの場合、学校の近くの物件というのは、
治安上、かなりの優良物件になりえます。

ですが、逆に昼も家にいることの多い人などの場合は、
学校がすぐそばにあると、チャイムの音や各行事の児童の声が、
意外なストレスになってしまうことも。

このほか警察署からのパトカーの音や消防署からの消防車、
緊急病院の救急車のサイレンなども同様。

周囲にどんな施設があるか、
スーパーやディスカウントショップなどのほかも
きちんとチェックしておいたほうが良いでしょう。

宅配ボックスの有無

一人暮らしなどの場合、
どうしても家にいる時間よりも外出している時間のほうが多くなりがちです。
そんなときに重宝するのが宅配ボックスの存在。

物件に宅配ボックスがあれば、
不在時でもある程度の荷物ならば受け取りが可能になり、
全ての郵送物を休みの日に合わせて受け取らなくてはいけない、
というような不便を感じることもありません。

人によってはオートロックなどよりも優先したい項目かもしれませんね。

ページの先頭へ戻る