契約書のサインは慎重に

別に賃貸契約に限ったことではありませんが、
契約書にサインをする際は、しっかりと契約内容を把握してからにしましょう。

気楽にサインをしてしまって後で後悔した、
なんて話はよく聞くものです。

サインをする、ということはその契約書に書かれていることに
全て納得した上で了承をする、ということ。

あとからどれだけ不利な条件が出てきてもサインをした段階で
あなたは契約内容を完全に承諾した、
と書面に残ってしまうのです。

…と、脅かすような書き方をしてしまいましたが、
契約書とはつまりそれほど重要なもののこと。

ここでは、新居の賃貸契約を結ぶ際、どんな点に注意すればいいか、
紹介します。

退去時に揉めやすい敷金返還は要チェック

賃貸契約書の内容で最も論争が起こりやすい点といえば、
やはり敷金返還に関する項目でしょう。

よほど良心的な物件でもない限り敷金契約は思いのほか、
大家さん側に優遇した契約内容にされていることが多々あります。

例えば、
「退去時にかかる部屋の修復費用は全面的に借主が負担し、敷金から差し引く」
など、要約すればこのように書かれている場合がほとんどです。

こういったどう考えても借主に不利な条件が書かれている場合は、
しっかりとチェックして、不満があるならば大家さんや不動産屋にしっかり伝えましょう。

契約内容は相談をすればきちんと相談の上で、変更してもらえるはずです。
内容を確認して不満がある場合はサインをすべきではありません。

ちなみにこうした敷金の契約で本来、適切な内容は、

・退去時は大家と借主が立会いの元、状態をチェックすること

・明らかに借主が故意に部屋を傷つけたり供えつけの備品を壊した部分に関しては、
 借主の負担で修繕を行なう

・生活上、仕方のない壁や床の汚れ、備品の劣化に関しては、
 全て大家側が退去後に修繕を行なう

というもの。

ですが、このように書かれている契約書はほぼ皆無に近いと思っておいてかまいません。
必ず目を通してきちんと不満な点は指摘しましょう。

家賃の支払いに関して

そのほかにチェックしておきたいのは、家賃の支払いに関する項目です。

入居時から退去時のことを考えるのは早すぎるかもしれませんが、
念には念を入れておくのが大切なこと。

・家賃はいつからいつまでの分が計算され、いつに支払うのか

・家賃の計算は日割りができるか、
 または1日でも住めばひと月分の家賃が発生するのか

このような項目は特に重要です。

きちんと把握していないと、退去時に日割りができず、
引っ越し日の関係でしぶしぶ2か月分の家賃を払ったり、
前月締めの翌月払いなどになっている場合、思わぬ出費に驚いたりしかねませんよ。

契約書の吟味は悪いことではない

往々にして契約書にサインをする状況というのは、もうほぼ入居する部屋も決まり、
部屋も押さえてしまった上での最終的な入居確認のようになっていると思います。

そのため、契約書を出されたらサインしなくてはいけないような空気になっていますが、
内容に不満があるのなら、当然吟味の時間をもらったり、
契約内容の変更を申し出てもいいのです。

これは決して悪いことではありません。

もう入居がすぐそこだからといって、
決して焦らず、冷静になって契約書と向き合いましょう。

ページの先頭へ戻る