解約手続きは速やかに

部屋の退去時に大家さんと揉めないためには、まず敷金返還うんぬんの話は抜きにして、
早めに退去手続きを行なっておいたほうがいいでしょう。

大家さん側としては早めに退去予定を知ることができれば、
次の居住者を探す準備もできますし、なにより退去まで時間がなく、
バタバタとあわただしくすると、やはり心象も悪くなり、
いざ退去の際の話し合いで穏やかには済まない可能性もあります。

またその際、早めに解約手続きの準備をしておけば、部屋の退去をいつにするのか、
月をまたいだ場合の家賃は日割りにできるのか、
もしくは1日でも過ぎれば1ヶ月分の家賃が発生してしまうのか、
など、賃貸契約書の書面などの確認をすることにもつながりますね。

敷金返還の基本を知っておこう

正直に言うと、
敷金返還の際に大家さんや不動産屋と揉めずに円満解決するということは
まずありません。

ほぼ確実に双方の意見がぶつかり合うと覚悟しておいたほうがいいでしょう。

そんなときのために、敷金返還の基本だけは知っておきたいですね。

敷金は全額返金されるもの

そんなことはまずありませんし、前例も体験談も聞きませんが、
本来、敷金とは全額返金されてしかるべきものである、
ということを知っておきましょう。

敷金の概念とは
「退去時に賃貸物件を原状回復しなければいけないときのための保険」
です。

ところが、人が住む上でどうしようもない自然劣化などは起こるもので、
こうしたものを直すためのハウスクリーニング代や壁紙の全交換費用などは
「原状回復費用」には当たらないため、支払いの義務はありません。

とはいえ、残念ながらそういうわけにも行かないのが現状なので、
多少敷金からお金を出さなくてはいけないことだけは覚悟しておきましょう。

退去時に過度は掃除はしなくてもよい

退去時にすこしでも敷金の返還額を増やそうと、
ハウスクリーニングを呼んでまで美しく維持する人もいるようですが、
これはほぼ無意味だと考えておきましょう。

借主がしなければいけないのは、常識的な範囲内での掃除のみでOK。

それ以上の清掃は部屋の持ち主である大家側の義務になりますので、
わざわざお金を払ってまでキレイにしておく必要はありません。

また、敷金返還の際に、法外なハウスクリーニング代が請求されたときも
これに応じる義務はありません。
(ただし、2,3万円程度は一般的に抜かれるものなので我慢しましょう)

敷金返還の話し合いは大家さんと直接話をしよう

物件によっては敷金返還の話し合いで、
借主と大家さんの間に不動産屋が介入してくることがあります。

この場合、基本的にはその不動産屋と交渉をすることになるのですが、
もし敷金返還に疑問が生じた場合は、
大家さんの意向や意見を直接聞く、というのも大事です。

言い方は悪いですが、不動産屋はその道のプロですので、
話し合いの間で双方の意見を都合よくゆがめてしまうこともありえるのです。

また、交渉でお互いの意見は割れた場合は、
話し合いだけではなく、書面に残すことも大切。

メールでもなんでもいいので、後から発言を撤回できないように、
しっかりと記録をしておきましょう。

どうしても納得がいかない場合は消費者センターに相談を

敷金返還でどうしても納得がいかないことがあり、
お互い譲らない状況に陥ってしまった場合は、
最後の手段として消費者センターに相談することも可能です。

その場合、お互いの言い分を正しく伝えるために、
前述したように重要なことを書面にしてのこしておくことが大切です。

とはいえ、ここまで揉めるのは非常に面倒なことなので、
できることならもめなくても言いように、日々家はきれいに使うようにしたいものですね。

ページの先頭へ戻る