理想的な家賃は収入の1/3?

一般的に理想的な家賃とは、収入の約3分の1程度だと言われています。

ちなみにこの収入とは、手取りのことを指すと言われているため、
例えば、月の手取り収入が25万円ほどの人であれば、
8万円前後の家賃が妥当と言うことになりますね。

とはいえ、実際には安定した生活を送るためには、
万が一のときのための貯金などもしておきたいところ。

そのため、現在では家賃は収入の約4分の1程度がちょうどいいのではないか、
とも言われています。

実際には自由に使えるお金を考えたほうが良い?

さて、上記では家賃は収入に対して約○分の1、
とある程度の目安を紹介していますが、
これはあくまで目安に過ぎません。

実際のところは、生活をしようとすると、家賃のほかに、

  • 光熱費
  • 通信費
  • 食費
  • 税金
  • 日用品代

などが必ずついて回ります。

その他にも、必要な人は

  • 車の維持費
  • 化粧品代
  • 洋服代

などなど趣味や身の回り品に費やすお金も出てきます。

となれば、単純に「家賃を収入の4分の1」に抑えるといっても、
月給15万の人が家賃4万の場所に住み、残りを生活費に充てるのと
月給25万の人が家賃6万の場所に住み、残りを生活費に充てるのでは、
全然、生活が変わってくることがわかりますね。

前者の場合、家賃を除けば約15万円しか手元に残らず、
この中から上記の必要経費を差し引けば、
自由に使えるお金は月に4万円がやっとと言うところでしょう。

対して後者の場合は、自由に使えるお金がかなりある余裕を持った生活ができるはず。

つまり、収入に対してどれぐらいの家賃かというよりは、
生きていくのに必要な生活費も含めて、
収入のどれぐらいに抑えるかということが重要なのです。

まずは数ヶ月家計簿をつけてみよう

本当に自分の身の丈にあった家賃を模索したいというのであれば、
一度家計簿をつけてみることをオススメします。
とはいっても細かく計算しなくてもOK。

先述したような諸経費をだいたい月にどれぐらい使っているか、
を確認するだけの作業です。

たとえば、

  • 光熱費 約20,000円
  • 食費 約40,000円
  • 通信費 約10,000円

として、自分の収入が20万あったとしましょう。

それならば、
20万−7万=13万円
が家賃と自由に使えるお金の合計です。

すると
5万の家に住めば残り8万が、
10万の家に住めば残り3万が、
自分で自由に使えるお金となるわけですね。

生活スタイルというのはどんな家に住んでもなかなか変えられないものですので、
「収入に対して家賃を決める」
というよりは、
「収入から生活費を引いて家賃の兼ね合いを考える」
としたほうが充実した生活を送れるかもしれませんよ。

ページの先頭へ戻る